2010年09月30日

れーるがん、いいかも

 とりあえず曲がいいねってところから入り。1話見た、なかなか面白いじゃない。一気に見たいところですが、これから泊まりで仕事。年末までしばらくず〜っと忙しいかも。

 れーるがん見て、いんでっくす見ないっていうのもどうなの?とは思うけど暇がないのね。どうしようかねこれ・・・

 アニメ全部見るのってけっこう時間とパワーが必要。とりあえず、れーるがんのふゅぎゅあは2種ほど衝動買いしちったw
posted by シュレディンガーの猫 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

とある科学の超電磁砲




 すげ〜今更感があるのはわかる。ゲームショーでちょっと仲良くなかった女の子がレールガンの曲いいよね〜って言ってたのは大いに関係してると思う。
 レールガンの主要キャラくらいは知ってるけど、曲も内容も全くでした。インデックスも然り。ってことで、とりあえずOP曲だけ聴いてみたんだけど・・・イイネコレ

 ってことで暇あればアニメも見ようかと思うんだがその暇がないのが悲しいところ。けいおんも第二期最後まで見てねぇや・・・

 誰か、ぼくに。ぼくに休みをください!!週末からまた泊まりで仕事っす。
posted by シュレディンガーの猫 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

FFT獅子戦争 あれこれ

 順調にやってます。前にエロゲーやってないと死んじゃうって言ってたけど、別にエロじゃなくてもいいみたい。とにかくなんかゲームしてないと死んじゃう子です、ネトゲ以外にも。

 伝説のオウガバトル・タクティクスオウガ。スタッフが■に引き抜かれてのFFT。最高だね、ストーリーがね。システムも完璧だし。

 プレイ時間現在60時間ほど。まだクリアしてません、もう何周もしてるゲームだから最初から最高データ作ろうかなと。
 懸念してた移植時の変更点ですが、そんなに大きな変更はなし。ただし難易度は下って手間は増えてる感じだね。っていうのも

○追加キャラ
 FF12より出演のバルフレアはそうでもない。持ってるミラージュベストは使いやすいけど、ちょっと強いムスタディオといった感じ。
 問題はFFT2より参戦のルッソかな。ほぼ主人公ラムザと同じ性能なので、これは強いwでもまぁ鍛えてなんぼのゲームなので、上手く使えば難易度は下ってるけど総合するとそうでもないかな。

○追加ジョブ
 これが曲者だと思う。暗黒騎士は強すぎるだろ・・・。誰でもホーリーナイトなれるみたいな感じで。
 そしてたまねぎ剣士。最強キャラ育成が楽になったっていうのはまぁ廃人向けだからいいんだが。これのおかげで全ジョブマスターしないといけないのよね・・・それが、かなり大変。PS版は裏技もあったけど、PSPじゃできなくなってるし。

○ムービー追加
 これは純粋に拍手。ストーリーに厚みが出てる。


 てなわけで、PSP版もいいですね。ゲームショーで見たけど、タクティクスオウガもPSPに移植らしいし。本当、FFTとTOはストーリーが神。
 時代に翻弄される主人公、芽生える絆と崩れる信頼。理想と現実の狭間で、主人公はなにをつかむのか。みたいなね・・・。

 FFTは、とにかくディリータとオヴェリアが切ない。ってかディリータが切ない。でもオヴェリアも責められない。ラムザ×アルマの近親カップリングもいいけど、アグリアス様も素敵。でもPSP版だとムスタディオとなにやらイベントがあったのよね・・・。

 TOは進め方でストーリーまでも変わるから、それが面白い。はやく移植版来ないかな・・・。「僕にこの手を汚せというのか」「思い通りにいかないのが世の中なんて、割り切りたくないから」

 オウガ系やFFT開発したスタッフ陣って今なにしてるんだろう。あんたらが、神だ。
posted by シュレディンガーの猫 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

TOKYO GAME SHOW 2010(労働基準法とか都市伝説)

 乗り切ったと思う。よくがんばったと思う。ゲームショー行ってきました、仕事で。

 エースコンバット、ミクのライブ、アルカナ3やアイマス2。ラブプラスやマブカプ。そして格ゲー大会と客として行けば最高に面白いと思った。

 16日の18時〜20日20時までの、計74時間労働。仮眠時間、平均2.5時間。さらに、21日8時〜22日の17時までの32時間労働。仮眠時間3時間。

 怒涛の一週間だったマジで。家に居た時間5時間くらいw自分の布団で寝たの3時間くらいw一週間で106時間働きました、給料出る分だけで。ちなみに、どっかの国には労働基準法って法律があるらしくて、一週間の就業時間は40時間って法律で決まってるらしいよ。俺は聞いたことないけど、労働者に優しい国ってあるんだねぇ・・・


 まぁぶーぶー言うても仕方ない金にはなった。ゲームショー自体は、やっぱ個人的メインはアイマス2かな?綺麗だったよ〜、って以外あんま感想ないけど。正直仕事が忙しすぎて試遊なんてしてる余裕はなかった。
 あと映像だけだったけどエースコンバットの新作は要チェック絶対買うわ〜って感じ。ミクのライブはよさ気(深夜にやってた映像リハしか見てないけどね)、ただうちらが大好きな「ミク」って感じではなかったかな?3Dばりばりだったし。

 他にはPSPに移植されるタクティクスオウガも要チェック。モンハンとかが目玉だったっぽいけど、残念ながら興味なくて見てない。PS3関連とPSPGOも軒並みスルーだった。ラブプラスアーケードは遠くから眺める程度でしたw


 と〜に〜かくマジ疲れた。PSいじるの1週間ぶりです。なんちゅうか、やっぱ落ち着くw
posted by シュレディンガーの猫 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

消失とか俺の親指が消失



 とりあえずなんとか出した消失HARD。ぶっちゃけ無理だからこれ・・・クリアすらできません。
 動画で見るといけそうなんだけどなぁ・・・連打で詰んでます。

 と、一部鬼畜な曲あるけど時間つぶしには最適かもねDIVA。1st一通りやったら2ndも買おう。


 FFTの到着が大分遅れてるので、RPG一個買っちゃった。


幻想水滸伝I&II ベストセレクション


 ってかFFTも、Amazonで買わなきゃいけないほどの値段でもなくて、普通に店売り値崩れしてるから店買いすりゃよかった。

 幻想水滸伝、PS時代から気にはしてたけど結局手はつけなかったゲーム。RPGとしてはかなり大道かな?Tを数時間やったけど相当面白いねRPGとしては。やっぱRPGはSFC→PS初期くらいの転換期前後が最盛期だった気がする。



 消失やりすぎて親指が死んでます。なんかエロゲーもやりたいけど、PSP関連にお金使っちゃったから今月は無理っす。





 ちなみにこんなこともできるらしいDIVA。なるほど、エディットが盛んになるわけだね。さっそくこの曲と、あとはマクロスの星間飛行あたりをDLしてやってみました。いちいちエディット開いてやらなきゃいけないのは少し手間かなぁ。
 まぁ正直この手のやつはBM98やBMSで慣れてはいるんだが。少し敷居の下ったBMSって感じ?こういうのはやはりアングラであって欲しいと古参ゲーマーとしては思うけどwやっぱミクが踊るっていうのが大きいんだろうね。もう少しプレイをすんなりできるようになれば(そしてスコアとかも残れば)本格的にやりたいけど。気になった曲ちょいちょいやるだけで今はいいかな・・・いちいちエディット読み込むの面倒w
posted by シュレディンガーの猫 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

ついに買っちまった


PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミスティック・シルバー(PSP-3000MS)


 もう正直PC以外のゲームには手は出さないと思ってた。アイマス2やエースコンバットの新作とか、好きなタイトルの新作以外は。

 でも、家ではやらなくても外ではやるんじゃね〜かなと。最近仕事ばっかで、休みなんて2週間に半日程度しかないですが。仕事中の休憩時間とかね。微妙に手持ち無沙汰なことはあるのよ。
 んで色々考えたけど、やっぱPSPかなと。DS買うと確実にラブプラスだけど、それ仕事の休憩中にやってる人ってどうなの?と思っちゃった俺チキン。



初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- お買い得版(通常版)


 PSP買ったらやるしかねーだろ。1年遅れくらいだけどwっていうか2ndが出てるけれども。1stやったら超面白いから、2ndも間違いなく買うだろうね。
 ミク可愛いよミク。音ゲーとしてはまぁまぁ、PVのせいで見難い点はある。音ゲーとしてはまぁまぁ、アイマスよりは全然楽しい。好きな曲いっぱいっていうのも楽しい要因だとおもう、BM98みたいなもんだ(知ってる人いるのか?まだあるの?)

 問題は、ミクに見とれたりパンチラで手が止まったりする点かな。処理オチとか微妙に音にあってない配置のせいで、けっこう難しいですこのゲーム。




ファイナルファンタジータクティクス 獅子戦争


 こっちもね。FFTは骨の髄までやったけど。あんまりPS版との変更点はないみたい、劣化部分と良移植部分とあるみたいねレビューみると。まぁ価格も手ごろだし、音ゲーだけだと状況によっちゃきつい(すぐ動かなきゃいけないときとか)からこっちもやろうかなと。


 PSPはゲーヲタ向けだよねDSと比べると。やりたいゲームあげるとキリがないので、適当に自重しつつ仕事中やろうかと思います。
posted by シュレディンガーの猫 at 00:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

少女と世界とお菓子の剣 Route of NANA

comike2.jpg

 やり切りました、「少女と世界とお菓子の剣」第二部RouteNANA。ナナ先輩マジ可愛い。やっぱガチロリよりはこのくらいの方が好きかなぁ・・・個人的には。

 ぶっちゃけ第一部よりキッツい。児童虐待、女児レイプ。正直しんどすぎる。第一部の感想でも言ったけど、子供の味方にならない大人、助けてくれない大人。そして、子供の心を平気で砕く大人。っていうのが全面です。

 第一部のRoute of AYANOもそうだったっけど、個別ルートがとにかくドギツイ。その前のエピソードは、子供同士のイジメとか恋愛とかそれなりに見れるんだけどね。個別とにかくきっつい、今回は特に。

 ヒロインルート突入前までなら、完璧に大絶賛。ただ上記の通り個別はかな〜りヘビーです。君望みたいに人間関係でドロドロしてるんじゃなくて、なんちゅうか人間の屑的にダークなもんで、見てるだけでもキツイ。



 と、まぁ第二部やってこうってことは全体的にこうなんだろうなぁ。否定はしないけど、見なくて済むなら見ないでおきたい類のエピソードをここまでぶち込んでくるのは同人だからできることだなぁとは思うけど。やっぱしんどいよねやってて。




 さて、第一部ではストーリーについては特に批判すべき点も(ダークサイドの好みを除けば)なかったけど、今回はちょっとあるかなぁ。

 ミステリーではないけど、それっぽく話は作っている。しかし、今作を最後までやると「物語開始以前」からそもそも「世界の夢」で虚構のリアルってことになってしまいます。全ての前提が、まず間違ってる(嘘)ってことね、ミステリーではないから別にいいんだけどさその部分を謎にしてるわけじゃねーし。
 ただ、そうするなら「世界の夢」が終わった後どうなるのかっていうのは欲しかったかな。「で・・・その後は?」ってとこで話終わっちゃうんで。一応第一部はAYANOとくっついてHAPPYENDっぽく終わるしね。それに比べると、これどうなんだろ?

 そして、第一部よりはストーリーの中核をあらわしてる感じはする。春野苺の正体とかね、軽くは匂わせてる。全ての真実を見るには第三部やるしかないんだろうけど。次回予告で2011年ってことは、来年の夏コミかねぇ。

 リアルファンタジーっぽい設定も、舞台もストーリーも面白い。けどやっぱりダーティな部分がキツイから万人受けはありえないかなっていうのは今作も一緒。
 今作はヒロイン奈々子がそんなにロリではないのでそういう意味では前回より自分はよかったかな。相談者とか、事件の加害者被害者が無駄に可愛いので1ルート1ヒロインはちょっと残念かもねw


 それからこれは俺のやり込み不足かもしれないけど。どうもナナエピソードは難解です。以下ちょっとネタバレ入れてのガチ考察。




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 03:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋する乙女と守護の楯

518Qi2zAQ6L._SL500_AA300_.jpg

 さて、ぞっこんメーカーAXL3作目。無事完全クリアしました。

 個人的、AXL作品評価 「キミの声がきこえる」>>>(越えられない壁)>>>「Like a Butler」>>>「恋する乙女と守護の楯」

 という感じです。今作は、女装主人公かつ護衛モノでありお嬢様モノ。正直、色々詰め込み過ぎ。
 AXL作品らしく、女の子の可愛いさとラブラブエッチっぷりは健在。なのですが、日常ドタバタギャグコメディは相当薄い気がする。いや、もちろん他社作品と比べれば多いし楽しめるんだけど、AXLの作品ってメガネで見るとちょっと薄いかな〜って。

 その原因はおそらく、「個性的なサブキャラ不在」な点ではないかと思う。いあ居ることには居るんだが、それは義父であったり最初は敵で最後は味方になる暗殺者のホモ野郎であったりはするんだけど。一緒に行動する仲間内、ではないので日常的に登場しないのよね。あと、女子高が舞台なので男キャラが少ないってのも痛いかなぁ。

 感触としては、女装主人公の百合百合〜な感じでもなく、要人警護って部分が全面でもなく、かと言ってお嬢様系の部分がそんな強調されてるわけでもない。AXLらしくストーリー的な部分はまぁ普通。ラブイチャは健在だけど、ギャグコメディ部分が他作より薄い分やっぱり評価は低いかなという印象。

 それでもそこはAXL、楽しんでやれたし普通に良作の域ではあると思うけど。ちと個性に欠ける点はいなめません。



てなわけで以下ネタバレ含み感想〜



続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする