2011年06月23日

かしましコミュニケーション

51xED+yBNOL.jpg

 AXLの(ロットアップしてない)製品制覇も、かしましを完全クリアして残りはプリフロだけです。
 非常に色々なところでボロクソ言われている本作ですが、まぁハードルが低かったというものあるけど・・・悪くなかったよ?

 AXLらしく、王道ラブコメ顕在(ギャグの半分以上がドリルとフュギュアだったのはちと残念だが)相変わらず楽しくできるゲームでした。
 ただ、今までのAXL作品と比べると(最新作のいとかの含め)、ラブイチャが足りない。AXLらしくない・・・。もちろん、ラブラブHも満載だし、イチャイチャっぷりもそこそこは見せているんですが。AXL作品には珍しく(というか初?)、くっついてエンディングになる感じ。付き合った後の、「ちょwこのバカップルw」っていうイチャイチャっぷりはあんまりなかったかなぁ・・・

 AXL作品といえば、共通ルートでギャグ満載と共に各ヒロインの好感度MAX状態に→個別ルートで超SWEETなラブイチャ。てのが鉄板かと思ったんですが。
 主人公は相変わらず鈍感、更にヘタレ(←ここ重要w)。色々あって、最後の最後にくっつく感じ。

 正直、作品としてはそんなに高評価ではない。もちろん、AXLブランドとして最低限のギャクコメは抑えてるし、各ヒロインそれぞれ魅力的なので面白くプレイすることはできるけど。
 そんなに求めてもいないが、それでもなおAXL作品としてはシナリオは下の下って感じ。嫌いな話ではないんだけどね。
 ここで、ちょっと即にAXL作品に触れてAXLブランドが好きになってる人のポイントを削ってる。シナリオがこんなだから、初めてAXLブランドに触れる人の心には残らない。それが世間での定評価に繋がってる感じはします。


 総括すれば、ゲームとして。AXLの作風を知っていて、それを楽しみたい人にはまぁ勧めはするけど、他作品やってないのであれば多分そっちの方が楽しい。AXLブランドに触れてない人は、ここからは入って欲しくないかなぁってのが正直な感想。あくまで、ゲームとしては。





 個人的には、超キャラ萌え。キミ声の桜、バトラーの瑞穂、いとかのの結衣・成実・ロッテ。最高に可愛いキャラを生み出してくれているAXL。今作、ヒロイン萌えがやヴぁい!!

 エスト、可愛い過ぎる・・・なにこの子。最強じゃんっ!ってくらいの子犬的可愛さ。純の、幼馴染的な可愛さ。円の、先輩とお姉さんを合わせた可愛さ。そして、榛名の・・・榛名の・・・スネ榛名はもはや兵器

 やーヴぁいね、何回のた打ち回ったことか。ロリ毒舌ではバトラーの瑞穂が唯我独尊単独No1状態だけど、なんだろうね・・・デレ後の榛名が、やばいあれ反則。スネた榛名、最強。

 ちょっと残念なのは、AXLには珍しく(というかこれも初か?)、サブヒロイン皆無なこと。ウルザはエストルートでちびぃっと絡みあるけど、それだけだし。ウルザルートくらいはあってもよかったんじゃないかな、サブでいいから。



 とまぁ、キャラだけ見れば旧新作品にもなんらひけをとりませんが。やっぱ作品としては弱いかなぁ・・・


○シナリオ
キミ声>>>バトラー>守護楯=いとかの>>>かしまし

○キャラ
かしまし≧いとかの>キミ声=バトラー>>>守護楯

○ギャグ
キミ声>いとかの>バトラー≧かしまし>>>守護楯

○総評
キミ声>>>バトラー=いとかの>守護楯=かしまし


 ってな序列でしょうか、AXL作品比較すると。総じて言えるのは、やっぱAXL大好き!プリフロやってこれがどうなるかはまた別の楽しみですが・・・



 色々言われるかしましですが、前評判ほど悪くはなかったAXLの安定感の否定にはならない。ただ凡作と良作のちょうど狭間くらいかな?いい点もあるし悪い点もある感じ。ただ、キャラは超萌え。AXLブランドが好きな人は、やって損はないと思うただしラブイチャは控えめ。まだAXL作品の特徴を実感できない人や、初めてAXLのゲームやる人は別ゲーから入ってくださいお願いしますって感じです。
posted by シュレディンガーの猫 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

近況とか

 仕事と経済状況はあいかわらずカオス。引越しの算段もまるでとれず。ダメ押しで体調崩して、今週はダウンかな・・・。って感じ?なんとなく、アイマスとったらなんも残ってない気がしてる、今日この頃のおいら。



 アイマス2ですが、DLCしてゲームしてるだけだけど。2のDLC曲は非常にどうかと思うんだ・・・今風っちゃそうなんだけど。いいかわるいかで言えば、失敗だろこれはっていう・・・



 んで、愛してやまないひびき澪さんのサイトからピクシブ飛んで、マグネットってなんぞや?から今さら発見した良曲。



 ニコニコ、まだ見てる時期の曲だとは思うんだが。知らなかった、原曲も歌ってみたも総じていい。ニコのプレミアムも退会して、動画とか全く見なくなったけど。
 アイマスの良MADと、ボカロの良曲を知る機会がほとんどなくなったのが悲しいっちゃ悲しい。全部追う時間は全くないから、仕方ないんだけど。
 
 月5本くらい、今月のココイチだけ知りたいと思うのはわがままか。基本的に時間のある人間向けのコンテンツだよねニコニコって。ほぼ無秩序に広がる娯楽なんてそんなもんだとは思うけど。



 音楽も、映像も、絵も。諦めたわけじゃないけど、やる時間も金もない。そろそろ時期も時期だし、このまま若い日の趣味でおわっちまうかね・・・悲しいね・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

愛しい対象の護り方

7th_main03.jpg

 AXL新作完クリ。一言で言うと・・・AXL節MAXのラブイチャ祭り。

 ”愛しい対象の護り方”というタイトル、舞台が民間軍事企業ブレイズ傘下の軍事学園。守護楯っぽい雰囲気を想像していたが、全くそんなことはなかった。

 軍事学園という特殊な状況ではあるけど、基本的には学園物。AXLらしく日常のどたばたコメディもあり、そして個別ルート突入で甘くて直視できないほどのラブイチャモード。


 なんだろう・・・うん、AXLはこれでいいと思うんだっ!!


 ヒロイン超可愛いし・・・ってか反則的なまでに可愛いし。

 もう何度も繰り返すことなのでさっくり流すが、AXL作品にシナリオがどうこうとかそういうの求めてないんで。ただひたすらラブ甘の個別ルート、それだけでいいじゃない!!



 共通ルートは青春コメディ、個別ルートはラブイチャ。以上、さすがAXLな最高の作品に仕上がってます。


 ちょっと残念なのは、メインヒロイン4人とサブヒロイン4人で、メインヒロイン4人のルートから分岐でサブヒロインにも流れるのですが。そこの流れがちょ〜っとお粗末。話が飛ぶというか、噛み合わないかな。



 そこ以外は全てにおいて満点です。ユースティアが、ハードル高く設定されてたわりにはそこまでではなかっただけに、期待を超えるこの作品には大満足。

 AXL大好きな自分としては、”キミの声がきこえる”に次ぐAXL作品かな、と思います。Like〜は越えてるんじゃないかと・・・




 とりあえず結衣と成実が可愛い可愛すぎる。AXLマジ最高、次回作も超期待しちゃう・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。