2012年01月26日

働きマン

 いつになったら再開するのかしらね。復帰を首を長くして待ってる数すくない漫画の一つなんですが。

 割と、何度も読み直す。その時の状況や心理状態で、鼓舞されたり逆に落ち込んだりするけれど。いい漫画だと思う。



「人が・・・いないんですよ」

「ちゃんと記事やれる人間が少ないから仕事が集中する。やればやるほど仕事増やされてやんない奴と給料は一緒で」 

「だったら楽しようって考えても仕方ないでしょ」

「真面目にやってる方がバカみたいじゃないすか」



 支えてくれていた人達が

 力尽きていなくなっていく

 くしの歯が抜けるみたいに

 誠実すぎて手を抜けず

 不器用だから割りをくう

 そういう人達が




 単行本で言うと、4巻の真ん中くらい。波多野さんの脱落。ここの話が、ここの会話と描写が一番好き。一番、胸に来る。自分に跳ね返る。

 このくらいの歳になって、今の自分を見つめて。このままでいいのかとか、この先ずっとここに居ていいのかとか。そういうこと、考える。

 このご時勢、出世とかそんなことに夢も希望もないし。会社の駒の一つだっていう自覚はあるし。
 でも、じゃあ他になにかできるのかって言ったら胸張れることなんてなにもないし。

 こんな時代だから、会社が一生涯自分の面倒みてくれるなんて思えないし。実務現場には不満なんていっぱいあるし。

 これも、漫画の中のセリフだけど。「一生懸命がんばっても報われない」。なら、がんばる必要あるのかって。

 現代社会のジレンマかね。今の社会がどうこうとか大げさなこと言うつもりはないけど。がんばんなくても、クビにはなりにくい時代だし。



 なんて、ちょっと愚痴。最終的に、自分が納得できるか。・・・違うか、自分を納得させられるか、かな。

 今の自分を誇れる人なんて少ないと思う。ただ、そんなこと考えても仕方ないし、もし本当にそこ突き詰めたら自分を維持できなくなるから「こんなもんでしょ」って自分を納得させてるんだよね。

 寒いし忙しくても、がんばるしかないんです。「がんばれ」って自分に言う言葉。今のご時勢、とてもじゃないけど軽々しく他人に「がんばれ」なんて言えない。
posted by シュレディンガーの猫 at 22:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

WHITE ALBUM 2

51GFLEZHABL.jpg

 ようやく、完クリ。デジタルノベルスがまだですが、本編は一応全ルート制覇。

 神ゲーでした。久々に、エロゲの歴史に残るような大作。
 Kanon、To Heart、Air、君が望む永遠、マブラヴ、Fateなどなど。エロゲーの歴史に名を刻む一作だと思う。

 ただ、万人うけすけるかといえば、決してそんなことはない。鬱ゲーの浮気ゲーです、かなり重いです。その重さも、自らの罪によるところが大きいので苦手な人は本当やっていられないと思う。
 君が望む永遠に近いけど、でも少し違う。原因の全ては自分達にある。運命の歯車とか、めぐり合わせとか。そういう部分も確かにあるけど、でも「甘んじて受け入れるべき罪」が大半。

 ハッピーエンド至上主義、ラブコメ大好き、人間関係のドロドロ苦手な人が手をつけるべきではありません。

 神ゲーは神ゲーだけど、万人に対してお勧めできるものでは決してない。それが、WHITE ALBUM。


 ボリュームは十分、序章・終章・codaの3部構成。ルートにもよるけど、メインヒロイン2人にとっては5年間の物語。


 実際の感想は、ネタバレ存分に含むので長いです。以下、収納。あと、小春は最高に可愛いです。




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

かずさルート突入・・・ WA2プレイ中記E

 重い・・・

 浮気ゲーの真骨頂。5年間の年月があるWA2のcodaは、本当に重たいです。千晶ルートとかで特に見せた、雪菜の勘の良さ。ずる賢さと、甘さ。直前にやったのが千晶ルートだっていうのもあるだろうけど、見ててダイレクトにクル。おそらく早い段階で、主人公とかずさの関係性に気づいてんだろうなこれ・・・。

 まだやりきってないからなんともだけど、個人的にはこれがWA2のメインルートな気がする(ジャケットのセンターもかずさだし)。あくまでメインヒロインはかずさ、ただプレイヤー的にも劇中の人間に対しても救いを与える意味で、雪菜ルートがあるような気がする。

 浮気を肯定する気はないけど、これはもうどうしようもないね二人とも。というか5年前の段階でどうしようもなかったんだけど。雪菜にも、そして周りにも。本人達にも誤算だったのは、二人の衝動は5年の歳月なんて無に返してしまうほど強かったってことかな。

 男の俺が言うことではないかもしれないけど、浮気された側って「待つ」だけではダメなんだと思う。理不尽でも、奪い返しにいかないと。それが、吉と出るか凶と出るかはやり方次第だけど。間がさした、だけの浮気ならいい。でも主人公みたいに、気持ちがガチなら。待つ=放っておく、それじゃ離れた心はどんどん離れていくだけだよね。

 まーどうしようもないよね。主人公基本的に嘘つけないし。再びかずさに惹かれてその手をとったなら、あとは一緒に堕ちていくしかないよ。周りの人間を、最悪の形で裏切り傷つけて。

 かずさルート以外、「浮気ゲー」って雰囲気はないんだよね正直。終章は雪菜と付き合ってる、ってわけじゃないから。終章で他ヒロインに行くのは、雪菜を傷つける行為ではあるけど浮気ではない。

 しっかし、ここまでして作り上げ積み立てた5年を無にする浮気は・・・重いの・・・。一気に最後までやりきるのは、ちと精神力が足りんです。
posted by シュレディンガーの猫 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千晶ルートクリア WA2プレイ中記D

 話(台本)としては一番面白かった!

 ただ恋愛モノとして、これアリかどうかは微妙なところ。個人的には、千晶が掴んでいく「小木曽雪菜像」というのはすごく面白い。
 プレイしててモロに感じる、「雪菜の理解不能さ」というものを突き詰めるから。ありのままに受け入れられないメインヒロイン。可愛いし、いいんだけど・・・でも「なんなのこの女?」って思わずにはいられなかったから。

 千晶も言うけど、強い雪菜弱い雪菜。自己犠牲の雪菜、傲慢な雪菜。いつ、どのタイミングで。どの雪菜が出てくるか読めない。本当、多面的でめんどくさい女なんだと思う。それを、千晶がモロに文章として感情として表に出してくれる。プレイヤー側としては非常にありがたいルート。


 千晶単体でルートとして見ると、なんか独特。ちょっとWA2の他ルートとは違うかなぁって印象。Leafの「天使のいない12月」と近いかも。どっちも割とダメで破綻してるけど、そんな二人が一緒にいるなら別にいいんじゃないかなって。
 かずさルートやってないから断定はできないけど、千晶だけ唯一。「いい奴」じゃない。主人公への想いは本物だったけど、でもWA2に出てくる他どのキャラも持ってるものを持ってない。

 だから逆におもしろかったのかもしれない。シナリオだけ見ると、別にどうっていうような内容ではないんだけれど。恋愛ゲーとしてかなり異色のシナリオではあるけど。



 残りはかずさルートのみ。とりあえずここまでの感想は、「メモオフと君望混ぜた感じ」かな?
 大本命(悪い意味で)のかずさルートが残ってます。明日は仕事なので、明後日以降かしら・・・


 WA1をやってないからなんともなんだけど、なんとなく雰囲気。千晶の作り上げた物語は、WA1に似てるのかな?そんな印象だったよ・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

アマゾンレビューは購入前か購入後に読むが吉 WA2プレイ中記-閑話休題-

 ってわけです。和泉ルートとかずさルート残してしばらくプレイできないわけですが。

 アマゾンレビュー、雪菜ルートを最後にまずはかずさENDをと推しますねwま、内容を読めばなるほどと思いますが。

 それにしても、雪菜への賛辞が多いこと多いこと。俺もそうじゃないわけじゃないけど、やっぱりみんなハッピーエンドのグランドフィナーレが好きなんだね。

 天使のいない12月でもちょっと言ったかもしれないけど、個人的にLeafのここまでリアルベースの話であれば、俺はそこまでは思わないかな。君望しかり、「みんながみんな幸せ」なんてこと、ありえないから。

 これは、もう何年も(下手したら10年ベースか?)前に発表された君望をやったから思うことなのかもしれないけど。「誰かを傷つけない人生」なんて、現実ありえないわけで。
 そういう意味で、レビュられてるかずさルートには期待が高まります。まぁここまでやってれば、かずさルートに進むとどうなるか推測も立つし、レビューがそれを裏付けてくれてるし。まともな精神状態にいられるかどうかはわかりませんが。

 ま、とにかくアマゾンレビューは購入前の参考に読むか、完全クリア後の余韻の中で見るのが吉ってことですね。今まではそうしてたんだけど、ちょっと仕事の関係で日があかざるを得ないので見ちゃった。失敗半分、収穫半分かな。



 にしても、この手のゲームで絶賛だらけってのも気持ち悪いけどね。間違いなく鬱ゲーの部類だと思うんだけど。人、相当選ぶ作品だと思うけど。

 「WHITE ALBUM」「Leaf」ってだけで、この手のものにそれなりに詳しい奴なら大体想像つくけど。

 俺自身、今までのプレイ中記まとめて、和泉ルートとかずさルートクリアして最終的にレビュー作るのにはかなりエネルギー必要そう。ここ最近でやったゲームの中では間違いなく1番だし。てか数年はこれ越えるゲームには出会えないかもしれない。


 ちょっともやもやだから、このまま仕事モードに突入するのがきついですが。仕事終わりのWA2を楽しみにしながら、がんばるしかないね・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻理ルートクリア WA2プレイ中記C

 同じこと繰り返すのかよ・・・お前



 麻理ルートはもうわかりやすいくらいに3年前のやり直し。ま、色々あって成長したね。

 他ルートやればやるほど、強くなるのは「春希も雪菜もどっちもどっち」。確かに原始の罪は春希なんだけど、もう3年この状態やってるとどっちが悪いとかそういう問題じゃなくなるんだなっていう。

 あと、雪菜ほんとうきっついな。痛いとか痛くないとか、そういうレベルじゃない。これをよくぞヤンデレ方向にもっていかなかったのはさすがLeaf。世の傾向に傾かずにやりたいことやってくれてありがとう。

 正直状況としてはいつタガが外れて他ヒロイン刺してもおかしくないよね・・・この精神状況。怖いね、「一途」ってけっして褒め言葉じゃないって認識を改めさせられる。



 しかし、本当登場人物みんないいやつすぎんだろ。小春ルートでも、亜子ちゃんたちとか。っていうか亜子ちゃん可愛いよね。雪菜弟が小春の方向いてるのがちょっとあれだけど、是非とも上手くいって欲しいな・・・。雪菜弟なら、女泣かせるようなことはしないだろうし誰かと違って。

 なんか、そういうほほえましい普通の恋愛見たくなるよねこんだけドギツイのばっか見てるとw

 麻理ルートでも、佐和子姉さんいいね。朋と若干被る部分はあるけどキャラ的に。朋といい佐和子姉さんといい。本当サブキャラみんななんでこんなにいい人ばっかなんだよ。


 ただ、やっぱ最初に思った通り。攻略ルートとしては サブヒロイン3人→雪菜→かずさ。のが良かった気。序章やっちゃってると、やっぱ雪菜最初に選びたいのが心情だけど。

 codaはかずさ登場でまた変わってきちゃうけど。終章までで完結と考えれば、誰とくっつのがいいかは微妙なところだねこれ。本来はやっぱり雪菜と、が一番完成形ではあるんだろうけど。

 個人的にはやっぱ小春が可愛い過ぎるので、そっちに傾きがち。まだ和泉ルートやってないので、なんとも言えないけど。
 ただ終章までやっちゃうと、逆にcodaでかずさルートに行くのはものすごく勇気がいる・・・。3年間、周りの人間も本人も、そして相手も深く深く傷つけて結ばれた二人が・・・って思うとやっぱりね。

 明日から一週間くらい会社缶詰なので、和泉ルートとかずさルートは来週以降かな。やっぱ残っちゃいましたね。
 今月いっぱいは、WA2に精神ひっぱられて程よい鬱状態を保っていられそうです。嫌いじゃないよ、こういう感じ。
posted by シュレディンガーの猫 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

小春ルートクリア WA2プレイ中記B

 主人公春希君、本当に最低だね^^

 と一言で締めることもできるなぁWA2はとにかくそれにつきる。馬鹿がつくほどいい奴、そして最低な奴。

 馬鹿がつくほどいいやつだから、みんな見捨てない。でもやってること最低ですね。ただ、小春はんぱなく可愛いっていう。

 立ち位置的には君望の茜かなぁ、かなり違う部分も多いけど。主人公も罪は大きいし、小春は小春で友達に対するケアとか不義理があるから。自業自得と呼ぶには足りない、でも責任がないわけでもない。そういう雰囲気だよね小春ルートだけじゃなくて。WA2全体的に。

 本当、いい女を地獄に突き落とす男です。悪魔かこいつは。とまぁボロクソなのですが、正直擁護するのもどうかと思う部分もあるけど。それでも同じ男として、ちょっと主人公北原春希を擁護してみる。



 以下ネタバレ含んで収納


続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

雪菜ルートクリア WA2プレイ中記A

 神ゲーだった!!



 としか言えない・・・。当初のハードルを見事乗り越える出来です。雪菜ルートだけで、序章6時間終章6時間coda6時間で20時間くらいかな?これ

 とりあえずの感想は、序章とcodaは完璧だと思う。終章はちび〜っとダレ感がある。ってのは先日も書いたけど。

 おそらくTrueであろう雪菜のベストEND。愛情と友情だったね〜やっぱり。根幹は何度も繰り返すけど君望に非常に近い。というかほぼ同ジャンル。

 大きく違う点は、君望は「時間が癒す関係」だったけど、WA2は「時間じゃ癒されない関係」だったって感じ。序章から、5年です5年・・・。決着がつくまで、5年。

 ただ、codaは特に君望に近いよね。「遥の手を振りほどけない孝之」と「かずさを切り捨てられない春希」はかなり被る。ただ、やはりWA2の春希の方がダメだけどね・・・罪は大きい。男だからまだ擁護的に見れるけど、それでも一言で切り捨ててしまえば「昔の女引きずってる二股男」だからなぁ・・・。


 「平等にひいきしていた学生時代」の仇。まだ大人になりきれなかった頃の誰にでもある過ち。それが、そこから5年間・・・。一度絡らまってしまった3本の糸が、歳月を経て更に複雑にこじれていく感じ。


 かなり、キました雪菜ルート。そして、雪菜ルートが多分一番のTrueだろうけど、これ一番最初にやるべきじゃなかったかなぁ・・・。
 色々明かされちゃうので、他ルートやるのが精神的にしんどいかもしれない。予想はしてたけど。



 以下、ちょっとネタバレつつ私情を挟みまくった感想の殴り書き。



続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

やっぱり君望と被るかなぁ・・・ WA2プレイ中記@

 はい、被ります。とりあえず雪菜ルートをclosing chapterまでクリア。ここで終わりかと思ったんですが、メインヒロイン2人にはその後のcodaもありの三部構成。まぁそうだわな、他ヒロインならともかく雪菜ルートでかずさ登場せずはありえないわな。

 出会いと別れの高校生編第一部、本編である大学生編、そして3人の物語に決着をつける社会人編。構成は微妙に違うけど、まぁ君が望む永遠と被ります
 大学生編が、ちょうど君望では省略されていた事故後から2章突入までみたいな感じかな。なにはともあれ、二人で上手くやっていたところに登場する、記憶の中の”彼女”。本人と対面せず、一方的に消し去った想い・感情。そして、彼女との再会でその一方的に都合のつけた感情が揺らぎ出す・・・。

 こう文章に起こすと、まんま君望やないか・・・。って気はしないでもない。まだcoda
ほとんどやってないので、結論には早すぎるけど。



 とりま、雪菜ルート途中までやっての感想。

・Introductry chapterはマジで神。導入部としては出来すぎの物語序章。
・closing chapterは、雪菜ルートに関しては少々中だるみ。
・小春の可愛さはちょっとやばい。次攻略ヒロインは彼女に決定。
・何気に朋が個人的に高評価。でも彼女ルートはないんだろうなぁ・・・


 ただ、雪菜ルートを最初にやって思ったけどこれ他ヒロインルートやるのきっついなぁ。序章があるだけに・・・。他ヒロインはともかく、雪菜は確実に泣くからな・・・。



 ネタバレ豊富なので、以下収納



続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

WHITE ALBUM2 プレイ中

 新年あけまして。例年通り年越しはコミケに仕事で。

 今年の冬コミは、SOUD HOLIC・Silver Forest・K2SOUND/C-CLAYSの新譜のみ購入。

 今んとこココイチはSilverForestの三千世怪の1トラック目「花の記憶」かな。さゆりのソロアルバムもすごく出来が良いです。

 ところで、私立さくらんぼ小学校はいつになったら「お菓子の剣」の3作目を作るのでしょうか。



 とりま年末年始はそんな感じ。クリスマス発売で買ったけど、年末バタバタでろくにプレイできなかったWHITEALBUM2を年始休みでまったりプレイ中。


 1も高評価だし、やってみたいけどかなり古い上にシステム的にプレイはかなりしんどそうなので二の足踏んでます。ストーリーは最高そうなんだけどなぁ・・・

 2もだけど、相変わらずLeafです。リアル志向のガチシナリオ。introductory chapterはやってないので、セットで最初からやってる感じです。

 序章とりあえず学祭ライブ終わりくらいまでやったけど。神ゲー臭しかしない。さすがは「WHITEALBUM」といったところでしょうか、ナンバリングに恥じない出来。

 ただ、もう最初の最初からストーリーは完全に予想がついちゃうあたり。うん、改めて声に出すことではないかもしれないけど男1:女2はやばいって・・・。あと雪菜可愛いよ雪菜。





 こんなカウントダウン。もう、激重い人間関係ktkr。精神引っ張られる気がする。この手のゲームで、初めて君望と並ぶもしくは越えるかもしれないゲームになるかもしれない。


 やりきる前から断言できる・・・これ、神ゲー・・・


 序章やってるだけでもこの重さに悶絶しまくり。親友3人という言葉の重たいこと重たいこと。
 よく、「男女間に友情は成立するか」って問いがある。あれ、俺個人としては条件付で成立すると思うのね。その条件は、「お互い異性として感じないこと」。男1人に女2人、しかも全員他2人に好意以上の感情を持ってる。
 依緒の言う通り、学祭まではそれでよかった。ステージは最高だった。ただ、そこから先は苦しすぎる・・・


 酷なようだけど、恋愛が絡んだ段階で「三人一緒」は不可能だった。主人公は、それから雪菜も。恋愛のために親友を切り捨てる必要があった。そうじゃなきゃ、それ以上に壊れてしまう関係だから。
 とは言え、高校生にそれ理解して納得して実行できるかって言えば、多分人生経験が全然足りないわけで。夢見る雪菜も、あがこうとする主人公も格好いいけど。それでも、いずれは音を立てて崩れる関係。

 これが、男2に女1だったら、また違うんだと思う。親友3人組は無理でも、仲のいい3人ではいられると思う。残されたほうの1人の心に、多少の棘は残すだろうけど。

 主人公の誠実さと不器用さが仇、でもそれだけのせいじゃない。しかたない部分もある、そうあってしまったそうなってしまった。この辺り、君望に近い非常に近い。原因の多くは主人公にあるけど、それを責められはしない。って部分。特に、同じ男から見たら。多分女が君望やWHITEALBUMやっても、主人公批判して終わりなんだと思う。


 今年の年始はWHITEALBUMに程よく精神引っ張られていい感じ。仕事が本格化する前に、メインシナリオくらいは攻略してしまいたいな・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする