2012年02月22日

情けなくていい 傍にいたいだけ



 本当に好き。ジャンヌとの出会いは、偶然だった。中坊の頃、まだ好きとか嫌いとかそこまでではなくて、でも「俺音楽聴いてるぜ」みたいのが格好良くて。たまたま立ち寄った商店街のCD屋に、平置きされてた。2ndアルバム「Z-HARD」。名前とジャケが格好いいってのが多分理由だったんだと思う、本当にジャケ買い。

 そこで出会った楽曲、救世主、Dry、7。多分、今まで数千枚ってアルバムを聞いてるけど、1枚がこれほどまでの作品になってる名盤は数枚しか名前を挙げない。そんな中の1枚。

 女性目線の詩、ビジュアル系っぽいけどそこにカテゴライズしていいかは微妙、だけどわかりやすく馴染みやすい楽曲。恋愛中ニ病とでも言うんだろうか、中二くさい愛情の物語。その断片。下品なエロさではない、エロス。言葉にするのは非常に難しいけど、ジャンヌの良さが凝縮されてるすばらしい曲。ヴァンパイアはその一つだと思う。

 終盤、ギターソロ後のライブパフォーマンスも圧巻。一回、こういうの動画にしたかったなぁって思いが強い。




 どうして、こうなっちゃうんだろう。俺は何を求めていて、ここにいるんだろう。いったい、ここで何が手に入るというんだろう。

 そんなことを思わないでもないが、とりあえずしばらく忙しいです。仕事行ってきます。
posted by シュレディンガーの猫 at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。