2014年04月05日

SISTERS〜夏の最後の日〜

sis_m_up.jpg

 独特の作風で有名なメーカーの作品です。全編アニメーション+ウインドウ。基本的に会話しか文字はなく、情景描写がないのが特徴。
 そのあたりは可も不可もなく。字幕アニメだと思ってれば、とっつくにくいとかいうことはない。

 ただやるだけなら純粋な抜きゲーでいいと思う。シナリオ的な部分に目を当てると、正直意味がわからない

 このあたり、地の文章がないことが拍車を掛けてる。プレイヤーは、映像から全ての情報を読み取らないといけない。

 抜きゲーとしては、まぁ可愛い姉妹とエッチしまくる数日間。でいいと思うです。ストーリーを楽しもうとすると、ちょっと難解すぎるかなっていうのが正直な感想。wikiなしじゃまず正解にはたどり着けないと思うよ。


 以下そのあたり踏み込んでのレビュー




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カミカゼエクスプローラー

61NCBQ6zOcL.jpg

 久々に引きました。ガチで神ゲーだった

 オーソドックス?ちょっと超能力的なものが発見されて、それが一般的になり始めるくらいの世界のお話。イメージ的には大図書館の羊飼いくらいかな。基本は学園物だけど、若干ファンタジーはいってる的な。

 何が神ゲーかというと・・・
・ヒロイン全員可愛い。半端ない
・日常会話が面白い
・ラブイチャのエロエロである

 そう、敬愛してやまないAXLの作品と非常に方向性が近いのである。むしろ、最盛期(と言うと悪いが、過去作の方が面白いのも事実・・・)と同等のレベルである。


 超能力という存在があるも以上、どうしても異能力バトル的な展開に偏るかと思いきや、全然そんなことはなくいたって普通の学園物だった。開幕早々異能力バトルが展開されたので、「ああこういう路線か・・・」とも思ってしまったが、本当最初だけである。

 大体どのルートも陰謀に巻き込まれてピンチになるのだが、大規模だった抗争は1・2人くらいで、あとはチート超能力で一発解決である。
 ストーリーはそれなり、とにかくラブラブイチャイチャです。まさに、AXL的作風。たまりません。


 悪いとこ?・・・んー・・・・・・・・・・・ないんじゃね?

 まぁストーリー的な部分を言えば、ふつー。でもこの作品の魅力はそこじゃねぇしな。カレー屋行って、福神漬けにケチつけるようなもんで。カレーがうまけりゃ、別に福神漬けは普通でいいでしょ。

 個人的な好みの話をするなら、主人公とルームメイトかつ唯一の男キャラがおっぱい星人なため(そのあたりの日常会話も面白いんだが)、ヒロインがやたら巨乳である。一応普通(やや小さめ)枠も一人いるが、基本的におっぱいである。


 そのくらいかしら・・・とにかく最高だった。学園的イチャラブの決定作ってくらい言ってもいい。


 以下、個別ルートをレビュー




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする