2008年07月26日

PRISONER

pmoon_0002pl.jpg

久々にエロゲーレビューでもしようかと。なに、秋箱の葵に萌えたからですよ。流石・・・妹キャラランキングの第一位を朝倉音夢から奪い取っただけある(俺の中で)

↑のゲーム。DMMってDLCサイトで落としてやったんだけど、まぁ半端ないです。
まず価格が2000円以下、ありえない。普通にフルプライスと扱って遜色ないです。


基本的には幼女調教、と言っても非常に和姦な感じです(中にはちょっと酷い描写もありますが)。基本的に強姦物調教物は嫌いなので。そういう人にも受付られる作品です

正直、まず抜きゲーである。今でも何回でもお世話になっていますwアニメーションもあるし(ただし質は一昔前の感じ)、それだけでもう十分値段の元は取っているんだけど。


シナリオが凄い。そしてなにより、エロとシナリオを完全に分離しているところがツボです。
エロに走ると、特にシナリオは展開しないでそのままずっとエロに走る。シリアスに展開させるためには、エッチをしない選択をしなければならないと。シナリオかエロか、どっちか片方にしてくれってタイプの私にはこれもグッド。
シナリオも、ちょっと・・・泣けるんですけど。という作りこまれたもの。正直設定が設定なので、どうかなぁとは最初思っていたのですが。完全に引き込まれました。
SF・ファンタジー物は基本的に嫌いなんですが、これは別格でしたね。

掻い摘んでまとめると、「PRISONER」という性玩具として開発されたアンドロイド(のようなもの。実際には人間と変わりない)が主人公の家に来ることになる。しかし彼女と生活するうちに、主人公は「PRISONER」という存在に疑問を持ち、そしてその確信に迫ろうとするのだが・・・。みたいな感じです。

シナリオ自体のボリュームはそんなにないんですが、シナリオとして楽しませる話は1本だけなので丁寧に作られています。

正直、ここまで不満のない作品も珍しい。というか始めてかも、多分値段の先入観のせいでしょうが。


この値段、絶対やってみる価値はある(ロリ・絵柄を受け付けない人以外は)
ラベル:ゲーム PRISONER
posted by シュレディンガーの猫 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック