2008年08月15日

キラ☆キラ カーテンコール

5145zqxY%2B7L__SS500_.jpg

結論:原作ファンに向けたファンディスク、お値段高め

はっきり言って、フルプライス版としてのボリュームはないです。相変わらず楽曲のレベルは相当高い。

しかしシナリオは、なんつーかな。ファンディスクとして捕らえるならまあいいだろう。下で書いている通り、「後輩を加えた同窓会」
しかし、それをフルプライスで発売し、しかも新シナリオを思わせる内容で発表するのはどうかな。いや確かに新シナリオではあるんだけど、シナリオのボリュームが無さ過ぎる。

プレイ時間、選択肢回収を含めて6時間で完クリです。

ヒロインも一人のみで、ルートは1本BADENDすらない。これはエロゲーやギャルゲーではないですねもはや。
Hシーンも、1回のみ。しかも、恋愛関係のシナリオは本当に薄い。かと言って前作みたいに音楽に特化しているかと言えば、そうとも言えない。


つまり、なにが言いたいかと言うと、非常に内容が薄い。掘り下げる話はいくらでもあるだろうに、掘り下げない。

さらっと上辺だけをなぞったような感じはぬぐえない。正直、期待していただけにがっかりです。

マブラブや秋色、D.Cなどのファンディスクのボリュームがボリュームだけで、これはないんじゃないかなぁ。新曲書き下ろしたんだしいいだろ、ってことですか?


んで、ここからは個人的な意見。

っていうか、このレベルでフルプライスにしてんじゃねーよ。シナリオの筋自体はまぁいいが・・・。選択肢だせよ。ヒロイン1人とか、なめてんのか?

妹ちゃんだよ妹ちゃん!!!どのキャラもいまいち見せ場がない。シナリオが短いから、メインである結衣さえも。

相変わらず鹿子は可愛いかったけどさ。結局前作があれだけのボリュームで(それでも俺は納得はしなかったんだけど)描かれてたから、新シナリオでちょこっと出てきたキャラよりも前作キャラの方が思いいれが深いし。

なんつ〜か、やっぱりOVERDRIVEの作品は勿体無い!!・・・マジ、俺を雇え!!と言ってしまいたくなる。いや、この作品も前作も色々な人々の努力の結晶だってことはわかるんだけどさ。なんつーか、期待していたファンとしては肩透かしをくらったみたいで正直不愉快です。


キャラも音楽も最高(今回の主人公は好きじゃないけど)。シナリオも、方針自体は悪いとは思わない。

ただ、内容が薄い。ボリュームがない、掘り下げない。


なんつーか、悔しいです



・・・・妹ちゃんはでもやっぱり可愛い



第二文芸部のライブDVDも同封されています。が、これはあくまでも特典的なもんだろ?ライブDVD付いてるからゲームの内容は薄くてもいい、って理論はどうかと思う。うん、個人的には


さて、ちょっとけなし過ぎたか。大丈夫、俺はこんなくらいでOVERDRIVE嫌いにはならない

というわけで、ちょっとフォローを


まぁぶっちゃけシナリオライターが変わったってのが大きいかなやっぱり。
大体、一本で選択肢なしの話なのに、宗太(新主人公)のバンド、ハピマニ、第二文芸部(二代目)、第二文芸部(元祖)とそれにまつわる話、個人の事情や恋愛模様なんかも全部詰め込んだ。そら個々の話は掘り下げずに浅くなりますわ。
結果、登場人物たちの心情の移り変わりとかそういうものは表現する間もなく、ただ「こうなりました」って結果だけプレイヤーの前に出てくる。ボリューム不足に感じるのはその辺りだろう。
ファンディスクなんだし、まぁ値段はいかがなものかとは思うがプレイ時間6時間ってのは別に短いとは思わない(フルプライスでなければ)


ただそのせいでかなり不遇なキャラもいる、可愛そうですね。


音楽は相変わらずいい。キャラもいい、新キャラもすごくいい感じなだけに。う〜ん・・・結局フォローしても勿体無いって感想しか出てこないや。


せめて、せめて裕子(妹ちゃん)と麻美は攻略させてくれよ頼むから。そりゃ、最初からメインヒロインしか見てないような主人公と物語だけどさ〜。

・・・フォローのつもりが愚痴になるな。


結局、フルプライスで期待の半分にも満たないものを掴まされて憤ってるわけです。はい

5000円前後ならこんなに貶さないです。別に金云々じゃなくて、この値段ならファンもそれなりのボリュームを期待するだろうってことさ。いくらファンディスクでもね。
posted by シュレディンガーの猫 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104784901

この記事へのトラックバック