2010年09月02日

恋する乙女と守護の楯

518Qi2zAQ6L._SL500_AA300_.jpg

 さて、ぞっこんメーカーAXL3作目。無事完全クリアしました。

 個人的、AXL作品評価 「キミの声がきこえる」>>>(越えられない壁)>>>「Like a Butler」>>>「恋する乙女と守護の楯」

 という感じです。今作は、女装主人公かつ護衛モノでありお嬢様モノ。正直、色々詰め込み過ぎ。
 AXL作品らしく、女の子の可愛いさとラブラブエッチっぷりは健在。なのですが、日常ドタバタギャグコメディは相当薄い気がする。いや、もちろん他社作品と比べれば多いし楽しめるんだけど、AXLの作品ってメガネで見るとちょっと薄いかな〜って。

 その原因はおそらく、「個性的なサブキャラ不在」な点ではないかと思う。いあ居ることには居るんだが、それは義父であったり最初は敵で最後は味方になる暗殺者のホモ野郎であったりはするんだけど。一緒に行動する仲間内、ではないので日常的に登場しないのよね。あと、女子高が舞台なので男キャラが少ないってのも痛いかなぁ。

 感触としては、女装主人公の百合百合〜な感じでもなく、要人警護って部分が全面でもなく、かと言ってお嬢様系の部分がそんな強調されてるわけでもない。AXLらしくストーリー的な部分はまぁ普通。ラブイチャは健在だけど、ギャグコメディ部分が他作より薄い分やっぱり評価は低いかなという印象。

 それでもそこはAXL、楽しんでやれたし普通に良作の域ではあると思うけど。ちと個性に欠ける点はいなめません。



てなわけで以下ネタバレ含み感想〜







 女装主人公モノってそんなに数やったわけじゃないけど、まぁ個人的にAXLの絵が好きっていうのもあるが主人公は一番可愛いと思うやった中では。ただその主人公の可愛いさが特に押されてるわけでもないので、うん女装主人公モノとしてはどうなんだろうね。

 前作の時も言ったけど、AXLにストーリー的な部分を求めるのは軽く間違ってるので深くは追求しない。ツマランと嘆くほどのもんじゃないが、素晴らしいと褒めるほどのもんでもない。ラブイチャとギャグコメディ楽しめればそれでいいと思う。
 安心のAXLブランドってことで、安定していいもの作り出してるのは評価すべきだしね。これでコメディもラブイチャも普通だったら凡作だけど、そうじゃないわけだし。

 でもそう評価した上で、あえて批判すればやっぱり中途半端です今作。ヒロインは可愛いしイチャイチャのラブラブは最高なんだけどね。

 まず、登場人物がなぁ。キャラがどうこうってよりは設定部分。主人公は護衛として女子高に女装して潜入してるわけですが、登場キャラ(男含め)が、全て「護衛」or「護衛対象」or「暗殺者」ってのはどうなんだろう?もうちょっと普通の人間も入れようよ・・・。
 唯一関係ないのが先生だけど、あんまりストーリーに絡んでこないし立ち絵と名前のある脇役。もうちょっとメインキャストに幅は欲しかったかもしれない。メーカーとしては、姫とナイトの恋、的な感じにしたかったのかもしれないけどね。全ヒロインそうせんでもいいだろうと・・・。

 そして、繰り返しになるが色々な要素を入れすぎた。女装主人公モノとして、お嬢様学校に潜入した男の娘にすればそっち方面で楽しめただろうし、護衛モノなら護衛モノらしく学園生活でのエピソードなんかは削ってそっちに特化すればよかった。どっちもそれなりには楽しめるけど、一極集中ではないので好みは別れる、というか面白く感じない人は多そう。
 AXLだから、で済む話ではあるけど護衛モノとしてはかなり突っ込みどころは多いしね。ギャグ薄い分、それだけシリアスに特化すればよかったんだけどいくつかの要素を詰め込む感じにしちゃったからなぁ。

 ヒロイン別に特に語ることもない、どっちかってとメインヒロインよりはサブヒロインの方が惹かれたかな。シリアス=護衛モノ、ギャグ=女装主人公モノって感じなのか知らんけど、個別ルートもどうもどっち着かずなのよね。それでもそこそこ楽しめたっていうのは流石のAXLなんだろうけど。本当、もう少しどっちかに偏って作れてたら面白いものになったんじゃないかなぁとは思います。

 女装姿で戦う主人公は可愛いし。ヒロインも可愛いし。ストーリーもそれなりに楽しめるし、ギャグ要素も多い。んだけどなんか一味足りない。

 女装主人公モノとしては百合要素やら恋愛要素が少ないし、護衛モノとしてはリアリティやシリアスさに少し欠けるご都合主義。それをまとめて上手く作ってはいるけども、やはりAXLの他作に比べると少しパンチは弱いかなぁ。
 特に、恋愛要素が薄いのはけっこう問題だと思う。ってか、その部分に護衛的要素が入って来てるから、かなり恋愛においては障害がないんです全ヒロイン。
 共通ルート→(男だとバレる)→ラブラブ→ラスボス倒してHAPPYEND。

 Like a Butlerも恋愛要素薄かったけど、これはその比じゃないかなぁ。ヒロインが惹かれていく感じは共通ルートで描かれてはいるんだけど、やっぱ護衛系の話がメインになってくるのでさらに薄まってる。

 メインヒロインくらいはもう少しヒロインの心理とか現在に至る背景とかに容量使ってもよかったんじゃないだろうか。雪乃はまだいいけど、蓮の自分をわきまえない正義感とか、鞠奈のワガママっぷりとか。一応背景は描かれているけど、わりとさっくりだから同情っていうかそれを許容するまでプレイヤー心理は深まらなかった。ので、見ててイライラするだけ。そういうのがストーリーにないサブヒロインの優里と説子はよかったからねぇ。メインヒロイン3人はあきらかに描写不足。
 なので評価はLike〜より下。ヒロインをいまいち受け入れられないってエロゲとしては致命的な気がする。好みの部分も強いとは思うけど。可愛いことは可愛いんだけどね・・・



 というわけでやったことあるAXL作品中では最低評価だけど、作品自体の評価は悪くはないです。というか、一発目のAXL作品「キミの声がきこえる」が神作過ぎた気もしてきたぞ3つやると。
 今作も安心のAXLブランドらしく楽しめる作品ではあった。けど、過去のAXL作品と比べるとどうも見劣りする感じはする。設定やらは面白いんだけどね。


 次は「かしましコミュニケーション」か「PrincessFrontier」ですかねAXLやるなら。っていうか他の「キミの声がきこえる」以前のAXL作品はなかなか入手難しいだろうし。かしましは割とレビューでボロくそ言われてるのねぃw
 3つやって、未だにAXL信者的なノリは失われてないので、次買うならどっちかかなぁ。いい加減リトバスとクラナドはやっておきたい気もするし、イノセントグレイも手をつけたくはあるけど。
 AXLのラブイチャっぷりは、一回ハマるとどうも抜け出せないよね。ヒロインみんなエロ可愛いんだもの・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック