2011年04月14日

リトルバスターズ エクスタシー

61hJDjbT81L.jpg

 いくつか未踏破ですが、一応やりきったということでレビュ。なんか久々・・・色々あったからな最近。

 KEYブランド爆発、良質なシナリオゲー

 鍵らしい泣きゲーかどうか、というのは微妙。泣いたけど。そら、泣いたけど。もし自分みたいに未プレイの人がいるなら、とりあえずやれってとは言える。


 ただ、これ満足かどうかっていうと非常に微妙なライン。主にエンディングに関して。Airほどわけのわからん終わり方ではないけど。
 面白いかで言えば最高に面白かったし、泣いたかって言えば泣いた。ただ満足か?と問われるとちと答えにつまる、そんなゲーム。

 まぁ普通に神ゲーでしたヒロインもよかった。んだけどちっと疑問なところもあるので、以下ネタバレ含んでレビュー。








 まず、ヒロインみんな可愛いし、最高だね。最終的に沙耶が全部もってくけど。

 エクスタシーVerだと、「世界の秘密」を知ってる(全年齢版をやってる人向け)でロック解除できますが。その「世界の秘密」が非常にリトバスのキーポイント。

 この設定がなければ、普通の学園物青春ゲーになってるそれでもよかった。そしてこの設定があるからこその、泣きなんだけどそのせいでよくわからんことになってるのも事実。


 キャラ別に、とかメインストーリーを追って。とか言うのはちと難しいかな色々ありすぎて。とりあえず自分の感想としては・・・

 True別に無くてもいいんじゃね?ってことね。世界の秘密、要は修学旅行のバスが事故って主人公と鈴以外主要キャラみんな死んでますよってことですが。今までプレイヤーが楽しんできた世界を、ものの見事に無に返す設定ですが。それゆえに生まれるドラマも、あるからそこをとやかくは言わない。

 ただ、結局サブヒロイン視点だとその世界でいくらくっついても結局は巻き戻るわけだし。最終的に、現実でくっつくのは全ヒロイン中鈴だけ。クドに関してはファンディスクというか「クドわふたー」であるから別にいいんだけど、それにしても他の子がなんかねぇ。

 サブヒロインシナリオも面白いしいいんだけど、なんか最終的には裏切られるっていうか現実でくっつくわけじゃないっていうのが悲しいかなぁ。追加ヒロインである佳奈多と笹美は大丈夫だけど。
 そういうわけで、加奈多と笹美ルートは普通に好きなんだけど、他ヒロインルートが正直後味悪いですTrueまでやっちゃうと。
 現実までも変えて、生存者を主人公と鈴二人だけ、ではなくクラス全員にするのはいいけど。なら、ちゃんとその後他ヒロインとくっつく結末も用意して欲しかった。
 それがないのなら、結局生存者は二人だけで主人公と鈴が生き延びて二人くっついて終わり。でよかったんじゃないかなぁと・・・。

 True後に、改めて全ヒロイン現実(バス事故)を生き延びるルートっていうのが、あればよかったのにね。結局他の子は、世界の中でくっついても巻き戻って終わりだろ・・・。
 どうも、後味があまりよくはないです正直。



 とは言え面白いかと問われれば最高に面白いゲームではあったので、その一点だけで否定はしない。ただ他にも微妙に釈然としなかったり理解不能な点があるので、上げてみる。



○クドルート

 ラストわけがわからんですね。空間転移?KEYに現実感求めても、ダメだけど。っていうか世界の設定自体が、魔法みたいなもんだし。
 なんであの状況からクド帰ってくるねん・・・。というか、終盤の内戦とかのくだりは必要なのか?いまいちなにやりたいんだかわかんないルートっすね。


○唯湖ルート

 ラストわけわからん。唯湖の独断で世界を捻じ曲げた、ってことはわかるしその世界が消えてバイバイなのもわかる。んで、ラストに出てきた唯湖はどこの唯湖なのよ?修学旅行に行かなて一人生き延びた唯湖?あのラストは正直謎。クリア後にいけるED2の方も、正直わけわかんなかった。




 と、こんなところでしょうか。まぁ色々思うことはあったりしますが・・・



・総評

 学園青春物としては満点。ただ設定として、それを大ドンデン返す世界観であり、そこから来る感動や泣きもあるんだけどおかげで部分部分が矛盾したりわけわからなくなってるのは残念。
 ヒロインはみんな可愛い、特に笹美と佳奈多に関してはルート的な矛盾も違和感もなく最終的にくっつけるのでGOOD。
 ただ、最終的に攻略可能になる沙耶が全部もっていく。沙耶可愛い過ぎるだろう・・・笹美も加奈多も大好きだけど。美魚とかめちゃくちゃタイプだけど。沙耶のみ唯一、(おそらく)生存という結末がないのもかなりインパクトはある納得はできないけど。Trueでメインルートの現実を変えたなら、愛の力でなんとかしろよ・・・。正直、それがないと沙耶ルートって大半が 出会う→仲良くなる→くっつく→ゲームオーバー の繰り返しじゃん。そして、ミッションクリアすれば、沙耶との離別。過去に飛んだとかまぁ色々布石を置いているにしても、悲しすぎるだろそんなの。
 沙耶あふたー。っていうかもう全ヒロインのアフターストーリーはファンディスクで出せよ・・・出してくださいお願いします消化不良過ぎます。映画や物語ならそれでいいけど、恋愛ゲーとかエロゲーでこれはちとダメだろぉぉぉ!!
 他ヒロインも同じなら、そういう作品ってことで納得もできる。ただ、沙耶のみ唯一、END後に生存しない(っていうか元から死んでんだけどさ)。



 作品的には、非常にパラレルワールド色の強い世界。個人的に、片方の世界がハッピーエンドになればそれでいいのかと言えばそれは違うと思うので、片方を犠牲にして片方を助けるみたいな結末はハッピーエンドじゃないと思う。
 要は、エンディングに関しては全く納得していないということです。

 日常やミニゲーム、サブヒロインルートまでは普通に満点なんですが。DCでも言ったけど、変な設定つけない方が逆によかったんじゃないかなって気もする。KEYっぽくはならないけどね、それだと。




 面白くやれるし、やっぱりKEYだし有名作なので楽しいんだけど、全てやり終わった後満足できるかと言うとそれはちょっと違うなぁって印象でした自分は。ただそれを加味してもやっぱりいいゲームだったので、お勧めはしたい。
 ただまぁ・・・世界を繰り返して成長、打破ってモロひぐら(ry

 もうちょっと個別にダラダラ感想書いてもいいんだけど、割と長いゲームだし相当な量になると思うんでとりあえずはこんなところ。暇あって熱意もあれば、ちょいちょい追記したいとは思います。
 本当、学園物青春ゲーとしては最高だと思うんで・・・

 あと、恭介は超格好いい。色々あるけど、リキと鈴を現実に送り出すくだり。そして、這いずる現実での行動の意味を理解したとき。もう、この人物は半端ないなっていう。
 格好よく、泣ける・・・

 とりあえず原典のリトバスを理解したので、止まってるクドわふたーもう一回最初からやろうかな・・・




・ヒロイン雑感

 メインであり、唯一主人公と同じ境遇の鈴はさておき。繰り返しの中に居る子たちにとって、あの世界はどういうものだったんだろうか。
 (本来死んでいるはずの)自分が、まだこの輪の中にいれること。謙吾のように、純粋にそれを楽しんでいた人間もいたかもしれない。小毬は、恭介に同調して主人公を導こうとするような姿勢もあったように、世界の秘密を知れば思う。
 ある世界では、別の子とくっつき。また別の世界では、自分を。その繰り返しの中で。

 それとは別視点なのが、沙耶か。沙耶の場合、沙耶と出会うでルートがほぼ確定だから、沙耶の知ってる主人公は常に自分を見ている。
 「絶対、デートに連れていくから」。この叶わない約束を胸に、繰り返した日々。約束をしたリキとは絶対デートできない。できるのは、その約束を知らないリキだけ。
 そして、リプレイでその繰り返しを如実に表現してるも、沙耶だけ。

 だからこそ一層、沙耶の悲しみや切なさ。やりきれなさというものに共感してしまう。

 自分が、沙耶が最後に全てもっていくというのはこういうところに由来する。可愛いし、最高だし。でも、かならず引き裂かれる、他ヒロインと違い、巻き戻りですらない。
 このあたりは、同じKEYブランド作品で言えばKANONの真琴シナリオに似てるかもしれない。あそこまでの離別ではなく少し最後濁したけど。逆に、それはいらないと思う。
 BADならBADで、それを貫けばいいものを。分岐的BADはあるけど、リトバスで最後がこう終わるのも沙耶だけ。

 笹美のデレは最強だったし、カナちゃんなんだかんで大好きだし、美魚が軽くツボだったけど。最終的に、リトバス沙耶ゲー。

 ってかマジ沙耶切ない、超可愛い。クドじゃなくて、沙耶でファンディスク作れよ・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エクスタシーはやってないので追加キャラとかはわからんけど俺的にリトバスは男キャラしか印象にないw
俺の中では恋愛ゲーというより友情ゲーかなーw
三人が消えるところしか泣いた覚えがないw
Posted by 獣似児まひるP at 2011年04月15日 18:21
男キャラしか印象にないって、そりゃまーちゃんちょっと問題発言な気もwww

でも、周辺キャラの作りはよかったね〜。
メインストーリーがっちり作ってあるわりには、細かいとこおざなりな印象だった。

でも、リトバスは沙耶ゲーこれはゆずれないw
Posted by シュレ猫 at 2011年04月19日 02:09
むむむ、バレてしまっては仕方がない
実は俺そっち専門なの!


なわけあるかーw
いたって健全(?)ですよ!

まあ、でもクラナドも春原との友情ルート大好きだし友情系に飢えてるのかもしれんw
なんていうか、リアルでもこんな友達が近くに居たら俺ももうちょっとまともになれたんじゃないかとか思ったりねw
Posted by 獣似児まひるP at 2011年04月19日 19:15
友情かぁ・・・

クラナドは以前として未プレイだからなんとも言えないんだけど。
リトバスに関しては、ちょっと友情を得るまでの過程が不明瞭というかリキの一方的主観でしか見れてないから、いまいちだったなぁ。

もっと本ルート中に、幼馴染の友情の過程があれば、違ったと思う・・・
Posted by シュレ猫 at 2011年04月21日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195837031

この記事へのトラックバック