2017年03月09日

王の耳には届かない

top.jpg

 AXL13thProject。13作目か・・・。すげぇな、いろんな意味で。そして未だにやり続けてる俺もすげぇ。

 いつもはGWくらいに発売なのに、年末に出してたなんて気づかなかった。そのため遅れましたが、全ルートクリア。
 正直、前評判はあまり良くなかった。それだけに、かなり低いハードルから始めましたが。AXLの王国ファンタジーはこんなもんだよね。ってのが正直な感想。

 ヒロイン全員可愛い。イチャコラしてる。という、最低限のAXLらしさは健在。ただ王国ファンタジー物で、舞台とかプリフロ・百花繚乱・レーシャルに近い。
 逆に言うと、ヒロインが可愛い以外に特に褒める部分がない。全くない。

 とまぁ、そのあたりはいつものAXLっちゃいつものAXLです。そこまで酷評するほどのものでもないんだが、今回特に評価を下げてるのは一点。おそらくメインヒロイン(彼女だけ他ヒロイン攻略後に攻略可)であるピオニィ。義妹可愛いよ義妹。だけでよかったのに。

 以下ネタバレになりますが。



 彼女が王の耳(正式なメンバーではないか?)だとかいう急展開に対する伏線がほっとんどない。プレイヤー置いてきぼり。丞相については、まぁいい奴である可能性はほとんどないと思ってた(基本的にAXLのイケメンって敵か変態のどっちかだよね)。

 なんか、そういう流れが無いところいきなりそんなんぶち込んで来ての急展開。もうちょっと伏線張るなりしてれば、恋楯の説子さんルートみたいな面白さもあったと思うんだが。割と台無し。
 しかも結局裏切ったんだが助けたんだがよくわからない。

 ジーニアとシズルルートで、王の耳とかそういう話は割とやってるので。別にピオルートでまでやる必要はあったんだろうか。ピオの正体が割れるのが彼女ルートだけっちゃだけだし。ジーニアバッドでもヤンデレ化はしてるけど、あれは王の耳関係ないしな。

 なんちゅうか、そういう余計なことせんでいいのよ・・・っていうのが、信者の率直な感想。おそらく恋楯とかの軍事系学園物が人気だから、そういう要素を入れてみたんだろうけど。
 AXLは基本的に可愛いヒロインとイチャコラしてればそれでいいと思う。あと往年のギャグ要素がどんどん少なくなってるぞ。君の声が聞こえるや、ライクアバトラーの頃にあったドタバタギャグコメディちっくな共通ルートって最近全然ないよね。


 まぁ13作目だからね・・・。いい加減先細りになるのは仕方ないような気もしますが。シリアスやるならやるで、恋楯とか愛しい彼女みたいな作品でやればいいのであって。正直王国ファンタジー系にそういう要素入れてもな、っていうか入れるなら入れるでちゃんとやれや。って感じ。

 最後の展開まで、その手の要素がほとんどないところにいきなりそんなん持ってくるから「なんかなー」ってなるのよね。
 やるならやるで、共通で1つ2つ、国家の存亡にかかわるようなシリアス展開入れるとか。ハリネズミ探しに来た暗部と一戦交えるとか。領主相手に収める芋の収穫量増やしてる場合じゃないよ。


 レーシャルマージはともかく、プリフロにしろ百花繚乱にしろ訳あって田舎暮らしすることになってる主人公って設定も一緒だし。ストーリーは上記の通り「いやいやいや」って感じだし。やるなら百花繚乱かプリフロを薦めるわ。

 ピオは妹可愛いし。コーリオは田舎の言生娘枠可愛いし。ジーニアはロリ姫様可愛いし。シズルはおっとり枠で可愛いし。ヒロインの可愛さだけは100点。あとピオがエロい。ピオがエロい(大事なことなので)。


 あと、なんかピオがメインヒロインっぽいけど。エンディング的に一番大団円なのはジーニアルートだよね。


〇ピオ
 実はピオも丞相の駒でしたー→でも結局騙されてましたー→新生王の耳と丞相ぶったおして終了。

〇コーリオ
 コーリオの出生が云々→隣国の奴等が悪だくみ→みんなでそいつらぶっ飛ばして終了

〇ジーニア
 王位継承がどうこう→丞相を出し抜いて、本人処刑→ジーニア女王になって大団円

〇シズル
 シズルが巫女としてどうこう→新領主が悪だくみ(←多分丞相が裏で糸引いてる)→そいつらと猟犬部隊(多分新生王の耳)倒して終了


 ルートごとに矛盾があるような気もするけど。シズルルートは多分黒幕は丞相で、猟犬部隊も丞相が体よく使わせてるとか送り込んでるとかだと思うのでそこまでは。

 結局丞相の目的だったり出自の話が出てくるのもジーニアルートだけ。ただ主人公の後輩である針使いはピオルートだけだし、副長ネロはシズルルートだけなので。敵役はそれぞれ違う。ジーニアルートだと丞相と直接戦うし。

 最後の最後に義賊になって、丞相への裏金という記述があるっちゃあるコーリオルートだけど。コーリオルートとシズルルートだと丞相野放しなんだよね。それはそれでもにょっとする。


 あとはシズルルートの女騎士ロゼッタさまのサブルートがない。双子メイドルートもない(えっちシーンはジーニアとの4Pがあるけど)。


 まぁ新の黒幕が暴かれないルートがあったり、そんなところには全く触れず二人は幸せなキスをして終了なルートがあるのはいつものAXLなんで気にしないけど。

 それにしたって、もうちょっとなんかこうさぁ。っていう気になる作品でした。



 ヒロインが可愛い。その一点だけで全てを許せるならまぁいいけど。あとはどやろね・・・。最近のAXLさんちょっとどうなのって気はすごいする。
posted by シュレディンガーの猫 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447753465

この記事へのトラックバック