2011年06月23日

かしましコミュニケーション

51xED+yBNOL.jpg

 AXLの(ロットアップしてない)製品制覇も、かしましを完全クリアして残りはプリフロだけです。
 非常に色々なところでボロクソ言われている本作ですが、まぁハードルが低かったというものあるけど・・・悪くなかったよ?

 AXLらしく、王道ラブコメ顕在(ギャグの半分以上がドリルとフュギュアだったのはちと残念だが)相変わらず楽しくできるゲームでした。
 ただ、今までのAXL作品と比べると(最新作のいとかの含め)、ラブイチャが足りない。AXLらしくない・・・。もちろん、ラブラブHも満載だし、イチャイチャっぷりもそこそこは見せているんですが。AXL作品には珍しく(というか初?)、くっついてエンディングになる感じ。付き合った後の、「ちょwこのバカップルw」っていうイチャイチャっぷりはあんまりなかったかなぁ・・・

 AXL作品といえば、共通ルートでギャグ満載と共に各ヒロインの好感度MAX状態に→個別ルートで超SWEETなラブイチャ。てのが鉄板かと思ったんですが。
 主人公は相変わらず鈍感、更にヘタレ(←ここ重要w)。色々あって、最後の最後にくっつく感じ。

 正直、作品としてはそんなに高評価ではない。もちろん、AXLブランドとして最低限のギャクコメは抑えてるし、各ヒロインそれぞれ魅力的なので面白くプレイすることはできるけど。
 そんなに求めてもいないが、それでもなおAXL作品としてはシナリオは下の下って感じ。嫌いな話ではないんだけどね。
 ここで、ちょっと即にAXL作品に触れてAXLブランドが好きになってる人のポイントを削ってる。シナリオがこんなだから、初めてAXLブランドに触れる人の心には残らない。それが世間での定評価に繋がってる感じはします。


 総括すれば、ゲームとして。AXLの作風を知っていて、それを楽しみたい人にはまぁ勧めはするけど、他作品やってないのであれば多分そっちの方が楽しい。AXLブランドに触れてない人は、ここからは入って欲しくないかなぁってのが正直な感想。あくまで、ゲームとしては。





 個人的には、超キャラ萌え。キミ声の桜、バトラーの瑞穂、いとかのの結衣・成実・ロッテ。最高に可愛いキャラを生み出してくれているAXL。今作、ヒロイン萌えがやヴぁい!!

 エスト、可愛い過ぎる・・・なにこの子。最強じゃんっ!ってくらいの子犬的可愛さ。純の、幼馴染的な可愛さ。円の、先輩とお姉さんを合わせた可愛さ。そして、榛名の・・・榛名の・・・スネ榛名はもはや兵器

 やーヴぁいね、何回のた打ち回ったことか。ロリ毒舌ではバトラーの瑞穂が唯我独尊単独No1状態だけど、なんだろうね・・・デレ後の榛名が、やばいあれ反則。スネた榛名、最強。

 ちょっと残念なのは、AXLには珍しく(というかこれも初か?)、サブヒロイン皆無なこと。ウルザはエストルートでちびぃっと絡みあるけど、それだけだし。ウルザルートくらいはあってもよかったんじゃないかな、サブでいいから。



 とまぁ、キャラだけ見れば旧新作品にもなんらひけをとりませんが。やっぱ作品としては弱いかなぁ・・・


○シナリオ
キミ声>>>バトラー>守護楯=いとかの>>>かしまし

○キャラ
かしまし≧いとかの>キミ声=バトラー>>>守護楯

○ギャグ
キミ声>いとかの>バトラー≧かしまし>>>守護楯

○総評
キミ声>>>バトラー=いとかの>守護楯=かしまし


 ってな序列でしょうか、AXL作品比較すると。総じて言えるのは、やっぱAXL大好き!プリフロやってこれがどうなるかはまた別の楽しみですが・・・



 色々言われるかしましですが、前評判ほど悪くはなかったAXLの安定感の否定にはならない。ただ凡作と良作のちょうど狭間くらいかな?いい点もあるし悪い点もある感じ。ただ、キャラは超萌え。AXLブランドが好きな人は、やって損はないと思うただしラブイチャは控えめ。まだAXL作品の特徴を実感できない人や、初めてAXLのゲームやる人は別ゲーから入ってくださいお願いしますって感じです。
posted by シュレディンガーの猫 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

愛しい対象の護り方

7th_main03.jpg

 AXL新作完クリ。一言で言うと・・・AXL節MAXのラブイチャ祭り。

 ”愛しい対象の護り方”というタイトル、舞台が民間軍事企業ブレイズ傘下の軍事学園。守護楯っぽい雰囲気を想像していたが、全くそんなことはなかった。

 軍事学園という特殊な状況ではあるけど、基本的には学園物。AXLらしく日常のどたばたコメディもあり、そして個別ルート突入で甘くて直視できないほどのラブイチャモード。


 なんだろう・・・うん、AXLはこれでいいと思うんだっ!!


 ヒロイン超可愛いし・・・ってか反則的なまでに可愛いし。

 もう何度も繰り返すことなのでさっくり流すが、AXL作品にシナリオがどうこうとかそういうの求めてないんで。ただひたすらラブ甘の個別ルート、それだけでいいじゃない!!



 共通ルートは青春コメディ、個別ルートはラブイチャ。以上、さすがAXLな最高の作品に仕上がってます。


 ちょっと残念なのは、メインヒロイン4人とサブヒロイン4人で、メインヒロイン4人のルートから分岐でサブヒロインにも流れるのですが。そこの流れがちょ〜っとお粗末。話が飛ぶというか、噛み合わないかな。



 そこ以外は全てにおいて満点です。ユースティアが、ハードル高く設定されてたわりにはそこまでではなかっただけに、期待を超えるこの作品には大満足。

 AXL大好きな自分としては、”キミの声がきこえる”に次ぐAXL作品かな、と思います。Like〜は越えてるんじゃないかと・・・




 とりあえず結衣と成実が可愛い可愛すぎる。AXLマジ最高、次回作も超期待しちゃう・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

WIZARD GIRL AMBITIOUS

51YGxh9K6ML.jpg

 人ん家にあったので勝手に持って帰ってやってみた。けっこう長い間放置してたけど、この度無事に完全クリア。

 シナリオは三流ラノベ。剣と魔法のファンタジー。電撃かなんかに毎月投稿されるラノベの一つみたいな感じかな。それなりに感動やら泣きもあったりするけど、特段取り立てるほどのものでもなし。

 ま、暇ならやってみればいいんじゃないかな程度。キャラ・絵は可愛いのでそこはプラスポイントなんだが、如何せん・・・声が・・・

 魔法ファンタジーがそもそも好みのジャンルではないのでプレイ数もあまりなく、他に比較するようなものもないので微妙なんだが。魔法の詠唱が酷すぎる。失笑モノ。唯一聞いてられるのは、プリーストのおんぷくらいか。
 さらに、後半はハイプリーストだのディバインナイトだの味方のチートインフレの連続。いあいあまぁまぁ。



 ストーリーは1本、攻略ヒロインによって途中ちょっと別の道を通るけど、最終的には一緒です。
 以下ヒロイン別レビュー。


○アスカ

 メインヒロイン。最初から高位のハイウィザードにして最強。実は王女で俺様全開のギルマス。ツンデレ、可愛い。一番可愛い。
 ただ上記の通り魔法の詠唱が失笑モノなので、そのあたりどうだろね。

 攻略ヒロインとしてはまぁ正当かな。



○おんぷ

 途中からハイプリーストにジョブチェンジ。唯一詠唱がまともで、中の人の評価は最高。巨乳ドジっ娘。
 攻略ヒロインとしては、まぁまぁ妥当なところ。詠唱がまともなおかげで自分の中では一番の高評価キャラだったりする。


○クレア

 女騎士。攻略すればそれなりに可愛いところも見せてくれる。が、それ以外だといまいちパッとしない役どころなような・・・


○キャロル

 なんといっても、声がアレで似非関西弁にしか聞こえない。ロリっ娘ハーフエルフなんだが、しゃべり方とかで大分減点・・・。


○りりあん

 なぜか微妙に攻略対象じゃないロリ忍者。一番可愛い(ロリな意味で)と思うのに、なぜ攻略ヒロインじゃないし・・・


○椛

 途中退場のウィザード(見習い)。まぁ妥当な役どころっちゃ役どころ。一番強さがインフレしてないw


○主人公

 実戦経験のほとんどない騎士見習いのはずだ、なぜかどんどん強くなり最強騎士に。強さチートインフレの権化。





 総評


 物語は二流ラノベ。内容は三流エロゲ。演出・声は採点対象外。まぁ暇ならやればいいじゃないでしょうか?キャラはそこそこ魅力的ではあるが、それを加味してもいい出来だとは正直呼べない。

 アスカクリアして、彼女の可愛いさを堪能したら正直もうそれでいい気はする。
posted by シュレディンガーの猫 at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

穢翼のユースティア

81A5kYdGfGL._AA1461_.jpg

 割と突貫でやりきりました。それだけのめり込ませてくれる世界感だったのは、間違いない。一言で評価するなら、非常に出来の良いラノベっていうのがしっくり来るかと思います。

 オーガストの最新作ということで、それなりのハードルからスタートしたことは間違いない。しかし、はにはにやよあるりと比べると、非常に赴きが異なる作品である。

 今完クリしてレビューしているわけだが、正直現時点では評価に悩む。ラノベ・映画などとして見ればかなり出来のいい作品である。だがしかし、これは「エロゲー」である。

 やはりオーガスト、純粋単純な物語を用意しはしないが、今作は完全に異世界ファンタジー。浮遊街が舞台である。構成的には5章構成。正直、3部作くらいにしてもいいんじゃないかなというくらいな勢いである。
 ストーリーは一本。G線上の魔王のように、途中ヒロインとくっつくとそこでENDな構成である。そのため、序盤EDのヒロインの話は短い。G線のように、一本がっちりとしたストーリーを持つ作品は、これでいいと思う好きなスタイルではないが。
 というか、この作品をやって考え直したことだが。明確なメインストーリー、ヒロインが定まっている場合はこの構成が一番しっくりする。物語の謎や真相なんていうものは、途中ENDのヒロインでは解明されない。しかしだからこそ、矛盾も生まない。メインストーリーを追えば謎は解けるし、物語にも齟齬が出ない。(DCUなんぞはこの手法を用いれば、あそこまで矛盾だらけの話にはならなかったんだろうなぁと思った)



 浮遊街の暗黒部が舞台であるが、章が進むにつれ教会・貴族・王室とその舞台を変えてゆく。ここに、三部構成にした方がよかったんじゃないかなぁと思う所以はある。
 正直、舞台や主人公の立ち位置が変わり過ぎである。違和感といほどではないが、第一部が暗黒街。第二部は教会と貴族。そして第三部が全ての真相と、3作構成の方が面白かったんじゃないかな〜と。やった感じそれぞれ話もまだまだ広がりそうだし。ま、商業的にはかなりの長期スパンな上に外すとでかいから、やんないだろうけどw
 おかげで、かどうかは知らないけど分岐した先のヒロインルートが短すぎるし。分岐前のメインストーリーでやり過ぎな気はする。もう少し、分岐早くしてもいいじゃん・・・


 とりま、話自体は面白かったし世界感は引き込まれた。ただ、暗黒街を抜けメイン舞台を教会や貴族王室というものに移してからは、なんかな〜という感じがあったことも否めない。
 オーガストらしく、ヒロインみんな可愛いし。幼馴染も義妹も出てこなかったので、オーガストの脅威はなかったけどもw




 以下、ネタバレも含んで存分にレビュってみる。


続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

水月 -すいげつ-

317N46Y9D3L._SL500_AA300_.jpg

 やりきったのでレビュー。さほど長いゲーム、ではない。古い作品だし。F&Cらしく、非常にすばらしい良作品でした。ただ、クセとアクは非常に強い。

 良くも悪くも、非常に文学的作品。一本の物語として楽しめれば、それこそ神作と呼べる域。ただ、ゲーム・エロゲーとして考えるとかなり好みは別れる。
 またゲームタイトルにしてもそうですが、文学的な方向性、ゲームの舞台がサーカスの水夏に非常に酷似している、特に水夏第一章

 ただ、水夏をはじめ今まで自分が高評価している作品とは違う点が一つ。謎は謎のまま終わる部分が多いし、ゲーム内で説明しきっていない部分も非常に多い。基本的には、そういう表現に対して自分は否定的ですが。水月は例外で、このゲームの主題・世界観を考えるとこれでいいかなぁとも思う。うみねこでは全否定した表現方法ですが、このゲームに関してはこれもあり。


 このゲームの根本は非常に単純。ただ説明不足というか、全てのことをきっちり説明するストーリーではないので謎が謎なままなことも多々。並列世界やパラレルワード・量子力学を扱うような作品は昨今特に多いですが、ここまで見事にゲームとして一つの答えとそれを主張するものは珍しいかな。
 そういう、主題・メッセージ性というものに関して、ここまで完成された作品は類を見ないと思う。


 以下、内容に踏み込んでのネタバレビュー



続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

リトルバスターズ エクスタシー

61hJDjbT81L.jpg

 いくつか未踏破ですが、一応やりきったということでレビュ。なんか久々・・・色々あったからな最近。

 KEYブランド爆発、良質なシナリオゲー

 鍵らしい泣きゲーかどうか、というのは微妙。泣いたけど。そら、泣いたけど。もし自分みたいに未プレイの人がいるなら、とりあえずやれってとは言える。


 ただ、これ満足かどうかっていうと非常に微妙なライン。主にエンディングに関して。Airほどわけのわからん終わり方ではないけど。
 面白いかで言えば最高に面白かったし、泣いたかって言えば泣いた。ただ満足か?と問われるとちと答えにつまる、そんなゲーム。

 まぁ普通に神ゲーでしたヒロインもよかった。んだけどちっと疑問なところもあるので、以下ネタバレ含んでレビュー。




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 20:31| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

世界で一番NGな恋

81jgHkPSmGL._AA1500_.jpg

 廉価版だし、評判もいいし。アマゾンの紹介でふと目に留まって、ちょこっとだけレビュー覗いて。リトバス買うついでに、安かったから買ってみた作品。

 半端ない神ゲーだったんですけどっ!!。メインヒロインの美都子がとにかく可愛いので、とりあえず突っ走ってやってみた。ロリ高校生だと思ってたら、実は中学生じゃないのそりゃたしかにNGだわ・・・。


 ストーリーは、長身美形だけど腰が低くいい人過ぎて損するタイプっていうか不幸の塊みたいな主人公。諸々あって無一文無職、アパートっていうか共同住宅っていうか長屋に世話になることに。大家さんが男と飛んで、娘一人残されて途方にくれている長屋に。

 受けた恩は必ず返す、だからこそ主人公は大家(の娘)である美都子の保護者になろうと・・・。



 社会、仕事、法律、税金。その辺りのことが絡んで来るので、社会人としてやるにはなんていうか等身大で面白かった。シナリオが。こういうゲームじゃ割りと無視されがちな、そういう部分をきっちり問題にしてたから。中学三年生が、一人でアパート切り盛りして住宅街として地価うなぎのぼりの土地の固定資産税なんて払えるわけがない(でも、固定資産税の計算って取引時の時価じゃなかったっけ?)、とかね。

 シナリオが、ただの恋愛じゃなくて。ヒロイン同士のつながりとか、僻み、嫉妬。そして友情。そういうのを十分に描いている。そしてなにより、メインヒロイン美都子の心が移り変っていく様子を、きっちりと描写してる。シナリオで見れば、100点満点。
 世界で一番NGな恋だから、誰も幸せにならない想いだから。それに、悩んで苦しんで。被保護者としては不相応な嫉妬して。周りを傷つけて。みんな、周りのみんないい人達ばかりだから。でも、なかなか思う通りになんて上手くいかない。だって、NGな恋だから。


 点数付けするなら、シナリオ100点神ゲー。音楽は普通かな?立ち絵は十分なんだけど、CGは若干古めかしい感触はある。
 あと、シナリオが途中分岐でヒロインが抜けていく形式なので、早めに分岐がある子のシナリオは若干短めかな。エッチシーンはかなり多目(各ヒロイン3〜4)なんだが、シナリオが最高に面白くて楽しめるので、むしろ邪魔だった感じもするw



 許されざる、子供の大人に対する切ない恋心。重要なのは、主人公は終盤まで全くその想いに気づかずあくまで美都子を「被保護者」として扱う点かな。舞台はアットホームだけど、シナリオが進むにつれて切なくなります。そして、周りの人いい人達だから。そんな恋、誰も応援しない。応援したいけど、でも主人公と美都子のこと考えれば。美都子が、年相応の、恋をすることを望む。



 切なくもあり、甘酸っぱくもあり。そしてなにより現実は厳しい。そんなゲームです(最終的にはHappyEndだけどね)。シナリオをここまで純粋に評価できるゲームにはなかなかお目にかかれないと思う。趣向が自分好みだとか、ヒロインがタイプだとか。そういうの一切抜きにして、読み物として純粋に面白かった。このメーカーの作品は、ちょっと他も調べてみようと思います。


 ヒロインルート全て面白かった。全員キャラ立ってるし。サブキャラも面白い。CGがちと古臭いかな?って以外では本当に批判する点がない。
 恋してることにも気づかなくて、傷ついて傷つけて。その想いに気づいて、傷ついて傷つけて。本当、最高なゲームでした。

 ただただ甘い純愛物がお好きな方には、少し趣向が合わないかもしれない。でも、現実的な恋愛ゲームやりたいなら間違いなくお勧めできる。そんな作品。
 少なくても自分にはドツボだった。マジ、神ゲー。




 ちゅうか、トコ可愛いよトコ。マジ無理・・・可愛い過ぎる。ああ、この子のためなら確かに死ねるわ・・・。



 以下、踏み込んだネタバレビュー

続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

D.C. Dream X’mas

51VmW3dC-gL._SL500_AA300_.jpg

 予定よりは大幅に遅れたけど、無事購入&クリア。サブのルーレットゲームは完全に把握してないけど、シナリオパートはやり切ったのでレビュー。

 曲芸商法です、本当にありがとうございます。正直、値段の価値は全然ないと思うよ?

 DCとDCUの2パートで、両方タイムトラベル的な内容。まぁ色々なところでやられてる手法だし、今更DCにシナリオ的な面白さなんて求めてないからいいんだけどさ。内容は、まぁDCだなって感じ。さくらさん切ないね、って一点くらいで特に面白いと思う部分も無しです。

 まぁそれはそれで予想通りだからいいんだけど、攻略対象が計6人ってどゆこと・・・

 DCパートでは音夢とことり、DCUパートでは音姫・由夢・ななか・杏。サブとして他ヒロインも登場するけどルートはなし。
 DCUパートでは朝倉兄弟とななか・杏パートで2本ルートがあるんだが、内容は登場人物が変わるくらいでほとんど一緒。
 メインシナリオをクリアするとEXTRAでH込みのアフターストーリーがありますが。それでアイシアルートがあるくらい(さくらもあるけど、これはアフターストーリーとはちと違うしな)。


 ざっくり言って内容不足。音夢とことり、音姫とななかは超可愛いし。由夢反則的なまでに可愛いし。杏なんてもう俺死ねるレベルに最高だけど。

 今回も変わらずに、キャラが可愛いだけのゲームです。正直、金出してまで買う内容では全然ないんだけど、買っちゃうんだよ・・・曲芸商法だとわかっててもね。くそ、杏が可愛いから悪いんだっ;;



 シナリオパートとは別に、3D音姉とルーレットRPGみたいのもありますが。正直、同人レベルだよこれは・・・。



 結論、攻略キャラ6人が嫁ならお布施と割り切って買うべし。アイシア命なら、1本の短編シナリオだけのために散財せよ。冷静に考えられる頭があるなら、購入は控えるべきでしょうそれが曲芸だ。
posted by シュレディンガーの猫 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

その花びらにくちづけを 唇とキスで呟いて

d_020221pr.jpg

 5作目かな?6かな?相変わらずのガチ百合な二人。ついに飲尿プレイまでキタコレ。

 シリーズ一貫してます、それ以外言うことないです。とりあえず、暇見て他のナンバリングもやってみたいと思います、はい。

 まずは、導入の一作目をやって。あとは好きなのやればいいんじゃないかな?一作目からこれに飛んだけど、特に問題はなしでした。
posted by シュレディンガーの猫 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その花びらにくちづけを

d_011771pr.jpg

 久々に、壮絶に当たり作を引いたと思う。これで2000円以下なら十分元が取れるでしょう。

 果てしなくガチ百合です。余計な登場人物一切なし。主人公の七海ちゃんと、お姉さま優菜先輩の。果てしなくイチャ甘ラブエロ生活。

 シリーズ化していて、今何作目まであるのかな?とりあえず1作目と5作目(?)あたりを買ってやったわけですが。シリーズ全部買っちゃいそうな勢いです。完全にアタリです。

 とにかくガチ百合である。道具等は一切なく、二人のラブラブっぷりとイチャイチャっぷりを存分に堪能できます。絵もどちらかと言えば綺麗系、そのためエッチシーンが内容の半分くらいを占めていますが、そこまで抜きゲーのエロエロではないです。

 主人公の七海ちゃん超可愛い・・・。百合好きなら、とりあえずやったらいいっていうか絶対やった方がいい。
 多分、男の妄想する「美しい百合の世界」っていうのをダイレクトでゲームにしたような内容。正直、褒める部分しか見当たらない。


 ただ、抜きゲーとしてみると相当ソフトだし、エッチシーンは多いけどそこまで濃密じゃないので。用途は選ぶと思います。
posted by シュレディンガーの猫 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

AZUPLUS

d_030826pr.jpg

 あずにゃんとイチャイチャHする同人ゲー。

 CGよし、若干アニメあり、声優さんもなかなか。

 あずにゃん派としては否定する要素がねー・・・

 シーンは6、1本の長さ自体は長くもなく短くもなく。純粋な抜きゲーに分類される方ではあると思うので、ストーリー等はあってないようなもの。登場キャラは主人公とあずにゃんのみ。

 あずにゃんとイチャイチャHしたいなら、まずこれ推しかな。ジャケ見て、全ての判断をしてもいいと思う。
posted by シュレディンガーの猫 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

はきわすれ愛好会

s25add.jpg

 知り合いの家から勝手に持ってきてやってみたでござる。

 ・・・ん〜同人・・・って感じかなぁ。

 悪くはないけど、絵柄的に少し厳しいものはあるし。特にエロいわけでもなく、ストーリーがあるわけでもないので。暇つぶし程度?確実に一通りやったらもういいやってゲームではある。

 金出してまでやるゲームでは確実にありません。
posted by シュレディンガーの猫 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆずって!姉ねぇ!

d_018675pr.jpg

 可愛い姉ちゃんとエッチするゲーム。軽く、というかソフトにガチでボリューム無いので今晩のおかずレベル。ゆず姉は可愛いとは思う。これだけしっかりとキャラ作ってるなら、もう少し長くやればいいと思うのはユーザー意見かな?

 まぁ、そう思えるくらいには面白かったってことですが。基本的に短くてHだけなので、絵柄がOKかどうかだけで判断するしかないようにも思います。
posted by シュレディンガーの猫 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メリ☆クリ 〜10年ぶりのホワイトクリスマス〜

maincover.jpg

 人の家から勝手に持ってきたゲームだったのですが。クリア後に調べたらコミケ出品の同人作品だったようです。

にしてはクオリティ高いなおいw


 普通にメーカー製のフルプライスかと思ってたよ。同人作品ってこと踏まえると、満点です文句の付け所もありません。



 そんなに長いゲームじゃないし、ストーリーもまぁまぁ。2ヒロイン+ストーリー補完のトゥルーストーリーで、5・6時間もあれば完クリできる内容。
 さすがに、メーカー製のフルプライス品だったらボリューム無さ過ぎと苦言を漏らしそうですが。同人作品ならその評価はないかな・・・十分だと思う。


 作品自体は、ちょっと過去にトラウマありの主人公とお隣のサンタ一家。設定がけっこうあれですが、けっこう笑ってみてられるのでトンデモ設定感はなし。
 とくにストーリーがどうこうっていうことはないですが、可愛い幼馴染とひたすらイチャイチャするクリスマスというのがシロルート。存分に楽しめばいいと思うの。

 そして、なによりキララ可愛いよキララ。個人的に、100点です。ツンツンしてるように見えるけど優しくて、ちょっとドジなところもあるけどしっかりしてる。自分を持ってる、お姉さんちっくなんだけど外見はちょいロリ入ってて。っていう、もうなにこの最終兵器って感じでドツボった。
 これはキララゲーです。はい。声優さんの演技もかなりいい感じだね・・・




 というわけで、特にどうこういうわけではないですがクリスマスにイチャイチャラブラブしてる感じのゲーム。同人作品としてのクオリティは相当高いレベル。キララ可愛いですキララ。
posted by シュレディンガーの猫 at 14:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

モナリザ・カルトガーデン

d_023721pr.jpg

 禁書目録と超電磁砲のことしか最近書いてなかったので、久々にエロゲレビュー。といっても、クリアはしてたけど書いてなかっただけ。

 ゲームというよりは動画作品に激しく近い。この絵柄がOKならなかなか面白い作品ではあると思う。長くはないが、ショート劇場みたいな感じでなかなか楽しめます。

 端的に言えば抜き動画作品。3Dというか若干ポリゴン調なので好き嫌いは別れると思うが、これがOKなら良作の域。

 JKの縞パンは正義だと思うの。
posted by シュレディンガーの猫 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

少女と世界とお菓子の剣 Route of NANA

comike2.jpg

 やり切りました、「少女と世界とお菓子の剣」第二部RouteNANA。ナナ先輩マジ可愛い。やっぱガチロリよりはこのくらいの方が好きかなぁ・・・個人的には。

 ぶっちゃけ第一部よりキッツい。児童虐待、女児レイプ。正直しんどすぎる。第一部の感想でも言ったけど、子供の味方にならない大人、助けてくれない大人。そして、子供の心を平気で砕く大人。っていうのが全面です。

 第一部のRoute of AYANOもそうだったっけど、個別ルートがとにかくドギツイ。その前のエピソードは、子供同士のイジメとか恋愛とかそれなりに見れるんだけどね。個別とにかくきっつい、今回は特に。

 ヒロインルート突入前までなら、完璧に大絶賛。ただ上記の通り個別はかな〜りヘビーです。君望みたいに人間関係でドロドロしてるんじゃなくて、なんちゅうか人間の屑的にダークなもんで、見てるだけでもキツイ。



 と、まぁ第二部やってこうってことは全体的にこうなんだろうなぁ。否定はしないけど、見なくて済むなら見ないでおきたい類のエピソードをここまでぶち込んでくるのは同人だからできることだなぁとは思うけど。やっぱしんどいよねやってて。




 さて、第一部ではストーリーについては特に批判すべき点も(ダークサイドの好みを除けば)なかったけど、今回はちょっとあるかなぁ。

 ミステリーではないけど、それっぽく話は作っている。しかし、今作を最後までやると「物語開始以前」からそもそも「世界の夢」で虚構のリアルってことになってしまいます。全ての前提が、まず間違ってる(嘘)ってことね、ミステリーではないから別にいいんだけどさその部分を謎にしてるわけじゃねーし。
 ただ、そうするなら「世界の夢」が終わった後どうなるのかっていうのは欲しかったかな。「で・・・その後は?」ってとこで話終わっちゃうんで。一応第一部はAYANOとくっついてHAPPYENDっぽく終わるしね。それに比べると、これどうなんだろ?

 そして、第一部よりはストーリーの中核をあらわしてる感じはする。春野苺の正体とかね、軽くは匂わせてる。全ての真実を見るには第三部やるしかないんだろうけど。次回予告で2011年ってことは、来年の夏コミかねぇ。

 リアルファンタジーっぽい設定も、舞台もストーリーも面白い。けどやっぱりダーティな部分がキツイから万人受けはありえないかなっていうのは今作も一緒。
 今作はヒロイン奈々子がそんなにロリではないのでそういう意味では前回より自分はよかったかな。相談者とか、事件の加害者被害者が無駄に可愛いので1ルート1ヒロインはちょっと残念かもねw


 それからこれは俺のやり込み不足かもしれないけど。どうもナナエピソードは難解です。以下ちょっとネタバレ入れてのガチ考察。




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 03:47| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋する乙女と守護の楯

518Qi2zAQ6L._SL500_AA300_.jpg

 さて、ぞっこんメーカーAXL3作目。無事完全クリアしました。

 個人的、AXL作品評価 「キミの声がきこえる」>>>(越えられない壁)>>>「Like a Butler」>>>「恋する乙女と守護の楯」

 という感じです。今作は、女装主人公かつ護衛モノでありお嬢様モノ。正直、色々詰め込み過ぎ。
 AXL作品らしく、女の子の可愛いさとラブラブエッチっぷりは健在。なのですが、日常ドタバタギャグコメディは相当薄い気がする。いや、もちろん他社作品と比べれば多いし楽しめるんだけど、AXLの作品ってメガネで見るとちょっと薄いかな〜って。

 その原因はおそらく、「個性的なサブキャラ不在」な点ではないかと思う。いあ居ることには居るんだが、それは義父であったり最初は敵で最後は味方になる暗殺者のホモ野郎であったりはするんだけど。一緒に行動する仲間内、ではないので日常的に登場しないのよね。あと、女子高が舞台なので男キャラが少ないってのも痛いかなぁ。

 感触としては、女装主人公の百合百合〜な感じでもなく、要人警護って部分が全面でもなく、かと言ってお嬢様系の部分がそんな強調されてるわけでもない。AXLらしくストーリー的な部分はまぁ普通。ラブイチャは健在だけど、ギャグコメディ部分が他作より薄い分やっぱり評価は低いかなという印象。

 それでもそこはAXL、楽しんでやれたし普通に良作の域ではあると思うけど。ちと個性に欠ける点はいなめません。



てなわけで以下ネタバレ含み感想〜



続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

少女と世界とお菓子の剣 Route of AYANO

d_029990pr.jpg

 第一作、去年の夏コミ作品かな?クリアしましたしましたとも。感想、すげぇ面白かった。ただ、今までの私立さくらんぼ小学校のゲームとは全く異なる。

 ロリゲーはロリゲーなんだけど、ストーリー物。このストーリーは純粋に面白い、設定も面白い、ファンタジー物ってあんまり趣味ではないけど、リアルファンタジーは例外かな。ただこの「面白かった」っていうのも曲者で、「俺は楽しめた、俺は」っていう印象。


 まず、私立さくらんぼ小学校らしくロリゲー。なのでロリ無理な人はまず無理なんだけど、このゲームかなり欝というかダークな部分あります。子供同士のいじめとか、子供の心を砕く大人とかね。で、そういうダークなエピソードがロリゲーだから○学生に当たるわけですよ。正直、かなりキッツイ。下手な欝ゲーなんかよりよっぽどやっててしんどいです。
 あと、ロリとは言えメインヒロイン(と思われる)苺はちょっとロリ過ぎる。半レイプみたいなHシーンは正直引く。今回はRoute AYANOってことで幼馴染がメインヒロインだけどね。

 そういうダーティな部分はあるけど、ストーリーはすごく引き込まれたし面白かった。設定もね、ただ三部作らしくというか、今作最後までやってもわからないことはあります、主人公の過去の部分とかね。まぁストーリー的にわからなくてもいいようには作ってはあるけど。


 歴代の私立さくらんぼ小学校作品のファンとしては、「ストーリーものもいけんじゃん」って感じですかね。かなり面白い。ただ暗いダークな面あるから万人受けはしなさそう。人はかなり選ぶ作品だと思う。


 ストーリー全体としては、三部作全部やってみないとなんとも言えないけど。少なくても第一作であるRoute AYANOに関しては文句なし。ちょっと事件解決のシーンは毎回苺の登場がワンパターンでダレるかなぁとは思ったけど、本当そのくらい。
 あとはダークな面をどう受け取るか、だと思う。大人の汚さやそれによって砕かれる子供の心みたいな部分はかなり出てくる。正直このシナリオ書いた人ってどんな人なんだろ大丈夫かな?とも思うんだけど。少なくても、普通に真っ当に育った人間にかけるシナリオじゃない気がする。なにか幼い頃に大人に対して大きなトラウマ抱えてそう・・・


 作品の主題は、「身勝手な大人、決して子供の味方にはならない大人」ととにかく大人の汚さみたいのが全面的に出てるように思う。この辺りも好き嫌いは大きく分かれそうです。



 個人的には、「かなり重いパンチくらったけどこういうの嫌いじゃない」ってとこでしょうか。ダメな人には本当ダメな内容だと思う、私立さくらんぼ小学校のロリゲーだと思って安易に手を出すのは危険かもしれません。

 まぁとは言えまだ第一部だからね。作品全体の印象とか感想は現時点ではなんとも言えない。幸い二作目Route NANAは購入済みなのでさっくり突入できます。
 とにかくストーリー・設定・世界感は文句なし。私立さくらんぼ小学校らしくHシーンもばっちり。ただ内容的にダークでキツイ場面あるから人は選ぶ、そんな感じです。
posted by シュレディンガーの猫 at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

Like a Butler

51lP2WDeVAL._SL500_AA300_.jpg

 というわけで完クリしました。AXLさんの作品は「キミの声がきこえる」に続いて2作目ですた・・・

とんでもなく良かった、まさにAXL節炸裂!

 ですね。キャラはえち可愛いし、付き合うまでと、その後のラブラブ、そしてエンディングという流れ。AXLさんのお家芸でもあるドタバタ日常会話のギャグとコメディ。個性的なサブキャラ。AXLらしい作品と言えると思う。

 ただ、「キミの声がきこえる」と比較したら、今作の方が圧倒的に劣って見える。というのも、今作はシナリオがあってないようなもん。AXLらしい雰囲気は十分に出てるし、シナリオの感動や泣きなんてもんを求めるゲームではないけど。それにしても、「キミの声がきこえる」と比べてやはりあっさりし過ぎてるかな。

 また、「庶民がセレブ校へ」っていうゲームなので、セレブ的な考え方や行動に対して嫌悪感はやはり出てきます。どっちが正しいとかって話じゃない(とゲーム中でも語られていますが)けど。やっぱ庶民としては、見ててムカつくw
 しかしそれはそれなんだけど、前作同様悪者が出てきません。みんないい奴、ちょっとくらい嫌みったらしいお嬢様とか、勘違いしまくりなお坊ちゃんキャラが居てもいいような気もするけど・・・ま、AXLの作品にそういうのは不要っちゃ不要かな?


 以下踏み込んだ感想をば






 続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

妹恋だいあり〜2

RJ022172_img_main.jpg

 同居してる義妹との、王道妹ゲー。かと思いきや・・・

 Hシーンは総数5、うち3つは妹の妄想という。なんともまぁな感じ。ゲーム自体も短いが、そこはまぁ同人ゲーという感じ。まぁ妹ゲーだし、ってことで終わらせてもいいんだけど・・・

 気に入りませんでしたこのゲーム。というのも、

 文章がムカつく。しゃべり方がムカつく。やってて全然楽しくない。

 まぁ正規の商業作品ではないと思うので、だからどうと深くは突っ込まないけど。正直、文章書いた奴文才無さ過ぎwというか、人に読ませる文章ってもんを書けてない。
 そしてそれを読み上げるしゃべり方がまた・・・。文章だけでもイライラするのに、しゃべり方までイラッ☆っとくる感じ。ゲームとしてどうこう以前の問題でしょこれはw

 CGとかは悪くないのにね。まぁ、素人が作ったゲームって感じじゃない?
 このサークル、作品としては非常に気になるの多く作ってくれてはいるんですが。この女性サイドの独白で進む感じとこの文章・しゃべり方だとなぁ・・・。他のに手を出す気にはならん。

 周り誰か止めなかったの?ってレベルだと思うんだけど。一人称で全ての状況を描写するってめちゃくちゃ難易度高いことを、まるで出来ていない感じw
posted by シュレディンガーの猫 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする