2012年01月22日

WHITE ALBUM 2

51GFLEZHABL.jpg

 ようやく、完クリ。デジタルノベルスがまだですが、本編は一応全ルート制覇。

 神ゲーでした。久々に、エロゲの歴史に残るような大作。
 Kanon、To Heart、Air、君が望む永遠、マブラヴ、Fateなどなど。エロゲーの歴史に名を刻む一作だと思う。

 ただ、万人うけすけるかといえば、決してそんなことはない。鬱ゲーの浮気ゲーです、かなり重いです。その重さも、自らの罪によるところが大きいので苦手な人は本当やっていられないと思う。
 君が望む永遠に近いけど、でも少し違う。原因の全ては自分達にある。運命の歯車とか、めぐり合わせとか。そういう部分も確かにあるけど、でも「甘んじて受け入れるべき罪」が大半。

 ハッピーエンド至上主義、ラブコメ大好き、人間関係のドロドロ苦手な人が手をつけるべきではありません。

 神ゲーは神ゲーだけど、万人に対してお勧めできるものでは決してない。それが、WHITE ALBUM。


 ボリュームは十分、序章・終章・codaの3部構成。ルートにもよるけど、メインヒロイン2人にとっては5年間の物語。


 実際の感想は、ネタバレ存分に含むので長いです。以下、収納。あと、小春は最高に可愛いです。




続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 18:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム(美少女・R18) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

かずさルート突入・・・ WA2プレイ中記E

 重い・・・

 浮気ゲーの真骨頂。5年間の年月があるWA2のcodaは、本当に重たいです。千晶ルートとかで特に見せた、雪菜の勘の良さ。ずる賢さと、甘さ。直前にやったのが千晶ルートだっていうのもあるだろうけど、見ててダイレクトにクル。おそらく早い段階で、主人公とかずさの関係性に気づいてんだろうなこれ・・・。

 まだやりきってないからなんともだけど、個人的にはこれがWA2のメインルートな気がする(ジャケットのセンターもかずさだし)。あくまでメインヒロインはかずさ、ただプレイヤー的にも劇中の人間に対しても救いを与える意味で、雪菜ルートがあるような気がする。

 浮気を肯定する気はないけど、これはもうどうしようもないね二人とも。というか5年前の段階でどうしようもなかったんだけど。雪菜にも、そして周りにも。本人達にも誤算だったのは、二人の衝動は5年の歳月なんて無に返してしまうほど強かったってことかな。

 男の俺が言うことではないかもしれないけど、浮気された側って「待つ」だけではダメなんだと思う。理不尽でも、奪い返しにいかないと。それが、吉と出るか凶と出るかはやり方次第だけど。間がさした、だけの浮気ならいい。でも主人公みたいに、気持ちがガチなら。待つ=放っておく、それじゃ離れた心はどんどん離れていくだけだよね。

 まーどうしようもないよね。主人公基本的に嘘つけないし。再びかずさに惹かれてその手をとったなら、あとは一緒に堕ちていくしかないよ。周りの人間を、最悪の形で裏切り傷つけて。

 かずさルート以外、「浮気ゲー」って雰囲気はないんだよね正直。終章は雪菜と付き合ってる、ってわけじゃないから。終章で他ヒロインに行くのは、雪菜を傷つける行為ではあるけど浮気ではない。

 しっかし、ここまでして作り上げ積み立てた5年を無にする浮気は・・・重いの・・・。一気に最後までやりきるのは、ちと精神力が足りんです。
posted by シュレディンガーの猫 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千晶ルートクリア WA2プレイ中記D

 話(台本)としては一番面白かった!

 ただ恋愛モノとして、これアリかどうかは微妙なところ。個人的には、千晶が掴んでいく「小木曽雪菜像」というのはすごく面白い。
 プレイしててモロに感じる、「雪菜の理解不能さ」というものを突き詰めるから。ありのままに受け入れられないメインヒロイン。可愛いし、いいんだけど・・・でも「なんなのこの女?」って思わずにはいられなかったから。

 千晶も言うけど、強い雪菜弱い雪菜。自己犠牲の雪菜、傲慢な雪菜。いつ、どのタイミングで。どの雪菜が出てくるか読めない。本当、多面的でめんどくさい女なんだと思う。それを、千晶がモロに文章として感情として表に出してくれる。プレイヤー側としては非常にありがたいルート。


 千晶単体でルートとして見ると、なんか独特。ちょっとWA2の他ルートとは違うかなぁって印象。Leafの「天使のいない12月」と近いかも。どっちも割とダメで破綻してるけど、そんな二人が一緒にいるなら別にいいんじゃないかなって。
 かずさルートやってないから断定はできないけど、千晶だけ唯一。「いい奴」じゃない。主人公への想いは本物だったけど、でもWA2に出てくる他どのキャラも持ってるものを持ってない。

 だから逆におもしろかったのかもしれない。シナリオだけ見ると、別にどうっていうような内容ではないんだけれど。恋愛ゲーとしてかなり異色のシナリオではあるけど。



 残りはかずさルートのみ。とりあえずここまでの感想は、「メモオフと君望混ぜた感じ」かな?
 大本命(悪い意味で)のかずさルートが残ってます。明日は仕事なので、明後日以降かしら・・・


 WA1をやってないからなんともなんだけど、なんとなく雰囲気。千晶の作り上げた物語は、WA1に似てるのかな?そんな印象だったよ・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

アマゾンレビューは購入前か購入後に読むが吉 WA2プレイ中記-閑話休題-

 ってわけです。和泉ルートとかずさルート残してしばらくプレイできないわけですが。

 アマゾンレビュー、雪菜ルートを最後にまずはかずさENDをと推しますねwま、内容を読めばなるほどと思いますが。

 それにしても、雪菜への賛辞が多いこと多いこと。俺もそうじゃないわけじゃないけど、やっぱりみんなハッピーエンドのグランドフィナーレが好きなんだね。

 天使のいない12月でもちょっと言ったかもしれないけど、個人的にLeafのここまでリアルベースの話であれば、俺はそこまでは思わないかな。君望しかり、「みんながみんな幸せ」なんてこと、ありえないから。

 これは、もう何年も(下手したら10年ベースか?)前に発表された君望をやったから思うことなのかもしれないけど。「誰かを傷つけない人生」なんて、現実ありえないわけで。
 そういう意味で、レビュられてるかずさルートには期待が高まります。まぁここまでやってれば、かずさルートに進むとどうなるか推測も立つし、レビューがそれを裏付けてくれてるし。まともな精神状態にいられるかどうかはわかりませんが。

 ま、とにかくアマゾンレビューは購入前の参考に読むか、完全クリア後の余韻の中で見るのが吉ってことですね。今まではそうしてたんだけど、ちょっと仕事の関係で日があかざるを得ないので見ちゃった。失敗半分、収穫半分かな。



 にしても、この手のゲームで絶賛だらけってのも気持ち悪いけどね。間違いなく鬱ゲーの部類だと思うんだけど。人、相当選ぶ作品だと思うけど。

 「WHITE ALBUM」「Leaf」ってだけで、この手のものにそれなりに詳しい奴なら大体想像つくけど。

 俺自身、今までのプレイ中記まとめて、和泉ルートとかずさルートクリアして最終的にレビュー作るのにはかなりエネルギー必要そう。ここ最近でやったゲームの中では間違いなく1番だし。てか数年はこれ越えるゲームには出会えないかもしれない。


 ちょっともやもやだから、このまま仕事モードに突入するのがきついですが。仕事終わりのWA2を楽しみにしながら、がんばるしかないね・・・
posted by シュレディンガーの猫 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麻理ルートクリア WA2プレイ中記C

 同じこと繰り返すのかよ・・・お前



 麻理ルートはもうわかりやすいくらいに3年前のやり直し。ま、色々あって成長したね。

 他ルートやればやるほど、強くなるのは「春希も雪菜もどっちもどっち」。確かに原始の罪は春希なんだけど、もう3年この状態やってるとどっちが悪いとかそういう問題じゃなくなるんだなっていう。

 あと、雪菜ほんとうきっついな。痛いとか痛くないとか、そういうレベルじゃない。これをよくぞヤンデレ方向にもっていかなかったのはさすがLeaf。世の傾向に傾かずにやりたいことやってくれてありがとう。

 正直状況としてはいつタガが外れて他ヒロイン刺してもおかしくないよね・・・この精神状況。怖いね、「一途」ってけっして褒め言葉じゃないって認識を改めさせられる。



 しかし、本当登場人物みんないいやつすぎんだろ。小春ルートでも、亜子ちゃんたちとか。っていうか亜子ちゃん可愛いよね。雪菜弟が小春の方向いてるのがちょっとあれだけど、是非とも上手くいって欲しいな・・・。雪菜弟なら、女泣かせるようなことはしないだろうし誰かと違って。

 なんか、そういうほほえましい普通の恋愛見たくなるよねこんだけドギツイのばっか見てるとw

 麻理ルートでも、佐和子姉さんいいね。朋と若干被る部分はあるけどキャラ的に。朋といい佐和子姉さんといい。本当サブキャラみんななんでこんなにいい人ばっかなんだよ。


 ただ、やっぱ最初に思った通り。攻略ルートとしては サブヒロイン3人→雪菜→かずさ。のが良かった気。序章やっちゃってると、やっぱ雪菜最初に選びたいのが心情だけど。

 codaはかずさ登場でまた変わってきちゃうけど。終章までで完結と考えれば、誰とくっつのがいいかは微妙なところだねこれ。本来はやっぱり雪菜と、が一番完成形ではあるんだろうけど。

 個人的にはやっぱ小春が可愛い過ぎるので、そっちに傾きがち。まだ和泉ルートやってないので、なんとも言えないけど。
 ただ終章までやっちゃうと、逆にcodaでかずさルートに行くのはものすごく勇気がいる・・・。3年間、周りの人間も本人も、そして相手も深く深く傷つけて結ばれた二人が・・・って思うとやっぱりね。

 明日から一週間くらい会社缶詰なので、和泉ルートとかずさルートは来週以降かな。やっぱ残っちゃいましたね。
 今月いっぱいは、WA2に精神ひっぱられて程よい鬱状態を保っていられそうです。嫌いじゃないよ、こういう感じ。
posted by シュレディンガーの猫 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

小春ルートクリア WA2プレイ中記B

 主人公春希君、本当に最低だね^^

 と一言で締めることもできるなぁWA2はとにかくそれにつきる。馬鹿がつくほどいい奴、そして最低な奴。

 馬鹿がつくほどいいやつだから、みんな見捨てない。でもやってること最低ですね。ただ、小春はんぱなく可愛いっていう。

 立ち位置的には君望の茜かなぁ、かなり違う部分も多いけど。主人公も罪は大きいし、小春は小春で友達に対するケアとか不義理があるから。自業自得と呼ぶには足りない、でも責任がないわけでもない。そういう雰囲気だよね小春ルートだけじゃなくて。WA2全体的に。

 本当、いい女を地獄に突き落とす男です。悪魔かこいつは。とまぁボロクソなのですが、正直擁護するのもどうかと思う部分もあるけど。それでも同じ男として、ちょっと主人公北原春希を擁護してみる。



 以下ネタバレ含んで収納


続きを読む
posted by シュレディンガーの猫 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする